スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


田んぼにはサギたちが

 2011/4/29

 朝4時過ぎに起床。すぐに学校の演習林で観察し、とある果樹園を見てまわり、また学校に戻ってしばらくしてお昼となり、眠たくなったので一時帰宅。1時間ほど仮眠をとり、また出かけては夕方に帰ってくるという遊びまくりな一日でした。疲れたけど楽しい一日。でも仮眠をとっていなければ疲れてブログが書けなかったかも?

 キジ オス
DPP_1702.jpg
 鳴いては翼を羽ばたかせるいつものパターン。

 ダイサギ
DPP_1707.jpg
 婚姻色が出ていてとってもきれい。

 チュウサギ
DPP_1704.jpg
 こっちの婚姻色もなかなか。でもせっかくの背中の飾り羽が泥で汚れてる

 DPP_1705.jpg
 おばちゃんが通って飛んじゃいました。。

DPP_1710.jpg
 まだ婚姻色になりきっていない別の個体。

DPP_1700.jpg
 大きめのカエルを捕まえました。飲み込むのに苦労しています・・・

DPP_1711.jpg
 トラクター来ちゃったよ~~このあと数分かかってなんとか飲み込みました。

 アオサギ
DPP_1708.jpg
 何をするかと思ったらゲロをはきましたこれもペリット?

DPP_1709.jpg
 汚いもの見せちゃってごめんね~~~

 キビタキ オス
DPP_1701.jpg
 最後に行った森で突然出会ったので撮影。

 田んぼにも水が張られて、春本番ですね。というよりもう初夏と言われる時期も近いですね(^^)     せいいち
スポンサーサイト


コメント
サギの婚姻色ってどの部分でしょうか?で、これはダイサギ、チュウサギだけに出るもの?アオサギにも出る?
先日松本城でアオサギ?を見ました。何時もは白鳥とか鴨を見るのにこの日はアオサギも。おいらのブログにアオサギをアップするので、出来たら教えてくれませんか。
2011/05/03(火) 10:08 | URL | CHIBI #-[ 編集]
 婚姻色とは春から夏の繁殖期に、体色が鮮やかになった色彩のことを言います。鳥の場合は足や嘴、虹彩などの羽毛の生えていない部分の変化を言うのが多いみたい。サギの場合、嘴や目先(目と嘴の間)の色に変化が現れる種が多いです。
 例えばダイサギやチュウサギの嘴の色は冬の間はオレンジ色ですが、繁殖期には真っ黒になります。目先の色は普段は汚れた黄色っぽい感じですが、チュウサギでは鮮やかな黄色や黄緑に、ダイサギでは青緑色になります。写真をクリックして拡大して見てみてください。

 ただ婚姻色の出方には個体差もあるし、若い個体には出にくいです。なのでこの時期でも冬と同じような色のサギ類もよく見かけます。実はこのページの1羽目のチュウサギも100%婚姻色というわけではないです。チュウサギの完璧な婚姻色の個体では虹彩、つまり目の色が真っ赤になります。でも写真の個体はまだ黄色っぽいですから。

 この2種以外のサギでも婚姻色は出ます。例えばコサギの目先の色はきれいなピンク色になります。アオサギは少し分かりにくいんですが、足や嘴の色がより鮮やかな赤やピンクに変化します。上のアオサギはそこまでではないですけど・・・

 あと背中や胸に細かいモサモサした羽根があるの分かりますか?あれは飾り羽と言って、繁殖期の成鳥によく見られます。(冬でも成鳥ならある場合も多いです。)アオサギは後頭部にもついてますね。飾り羽や婚姻色は雌雄に関係なく現れるようです。
 
 長文失礼しました。
2011/05/03(火) 16:39 | URL | せいいち #-[ 編集]
有り難うございます。とても丁寧な説明でよく分かりました。色々分ると写真を撮る対象とより深くコミュニケーションが取れて、一層仲良くなれる様なる気がします。
これからもよろしくお願いします。
2011/05/03(火) 16:59 | URL | CHIBI #-[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://shinshuunw.blog28.fc2.com/tb.php/94-58d4e843
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。