スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


羽根標本。イソシギ、イカルチドリ、コチドリ

 晴れて暖かいのはいいのですが、こういう日は花粉症の人にはつらいですね。僕もそのうちの一人です。目がかゆくてこすってしまい、視界がぼやけます。よって空飛ぶ猛禽も見つけにくいです。目だけでなく鼻や喉にも影響が。目の不調のせいというわけではないと思いますが、飛ぶ猛禽も少なめでした。それでも時どき飛ぶオオタカ、ノスリ、ハイタカなどの猛禽に心躍らせていました。上空を鳴きながら舞うヒバリやツバメ、イワツバメも多く、ケリやタヒバリ、カワラヒワ、モズなどもうろうろ。タカが少ない割には退屈しない一日でした。

 写真を1枚も撮らなかったので、今日は久しぶりに羽根の紹介です。まずはイソシギ

 イソシギ 尾羽
DPP_1388.jpg

 初列風切
DPP_1389.jpg

 次列風切
DPP_1390.jpg
 風切のこの白斑が翼帯になります。

 三列風切
DPP_1391.jpg
 ここには3枚ありますが、実際何枚あるのかは不明です。

 イカルチドリ
DPP_1387.jpg
 上の大きい羽根が風切羽根、下が尾羽です。雨覆などはまだ作成中。(というかチャックつきポリ袋に入れてあります)

 コチドリ 成鳥オス 右翼
DPP_1386.jpg
 上段が雨覆、中段が風切、一番下が下雨覆です。イカルチドリによく似ていますが、やはり全体に小さいです。ある方から死体をいただいたので成鳥オスと分かりましたが、風切などの主要な羽根だけでの識別は厳しそうです。

 尾羽
DPP_1385.jpg
 こちらもイカッチに似ています。ただイカッチは尾羽の両サイドが短く丸尾っぽいですが、コチは長さが揃っていて角尾のようです。野外では気付かなかったです。でも野外ではイカッチとコチをそこで識別するのは無理かな。           せいいち
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://shinshuunw.blog28.fc2.com/tb.php/50-9a31c003
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。