スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


縦線ある?

この冬、安曇野にコガモとその亜種アメリカコガモのハーフと考えられる個体がいます。

DPP_2374.jpg
真ん中よりやや左にいるマガモのオスのひとつ奥の個体だけ、アメリカコガモと同じように側胸部の縦線があるのが分かると思います。これは亜種コガモにはないアメリカコガモの特徴で、トモエガモにも似たような縦線があります。でも亜種コガモにしかない体の上面と下面の境にある、地面と平行にはしる横線もはっきりしている・・・

DPP_2403.jpg
これはトモエガモですが、アメリカコガモと同じように側胸部に縦線があります。

DPP_2406.jpg
これはよく見るコガモです。
一番上の問題の個体のように縦線はなく、水面と平行に横線もある。。

さらに問題なのは、、

DPP_2375.jpg
よく見るとうっすら縦線が・・・反対側にもあるし、羽毛の乱れや生え換わりによるものではなさそう。。。
コガモもよく見ると変なのがいますね~~~

どうも亜種コガモと亜種アメリカコガモの交雑個体は、亜種コガモに近い形態になることが多いそうです。
つまり普段のコガモとして見ているものの中に、2亜種のハーフが混ざっていることもあるということ?そうなると識別は難しそう・・・

下から2番目のコガモも、水面と平行な横線が小さく見えなくもない・・・
これまで横線の大きさの違いも、個体差や羽の重なり具合によるものと思っていたけど、もしかしたら亜種コガモに近いハーフはこんな風になるのかな?なんかややこしい話ですね・・・

リンク集にあるホームページ「風と光と鳥たちと」ではもっと鮮明な写真や、羽ばたいたときの写真など色々あります。このカモが気になる方は是非見てみてください。雑記帳の1月のページです。2月でした。

せいいち
スポンサーサイト


コメント
ハーフの鴨、リンク先でしっかり見せていただきました。
鳥にも交雑種が増えているのでしょうか?
でも、綺麗な羽色をしていますね。最近は動物を
撮り始めて、特に鳥の羽に興味津々です。
またいろいろ教えていただければと思います。
宜しくお願いいたします。
2012/02/25(土) 20:21 | URL | りょうこ #-[ 編集]
交雑の目撃例は増えている気がしますが、目撃例が増えただけで本当に交雑が起こりやすくなったとは限らないと思います。

羽根標本もまた載せていきます!
2012/02/26(日) 21:45 | URL | せいいち #-[ 編集]
こんばんは
アメヒ交雑種もこのアメリカコガモ交雑種もどちらも
過去に純系種が飛来した場所での観察例が圧倒的に多い
気がします。
そういう意味ではこの両種は同種に興味はなくアジアの
近縁種に魅せられたと考えられます。
国内でこの両種の純系ペアが撮影・観察された事例は
恐らくないのではないでしょうか。

ご紹介のリンク先は以前から拝見していますが、三重の
ヨシガモ交雑種は複数の観点から高度に雄化した雌では
ないかと考えています。
 また、ホオジロガモの換羽状況追跡検証は飛去により明確な結果が得られずでした。
2012/02/29(水) 20:50 | URL | Shin's #RAa2TALo[ 編集]
この2種の純系ペアの観察例のない可能性が高いことは意外でした。アメリカコガモだと、メスを識別するのはとても難しいのでは?

ホオジロガモ、残念でした・・・
またチャンスがあるといいですよね。
2012/03/01(木) 19:50 | URL | せいいち #-[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://shinshuunw.blog28.fc2.com/tb.php/382-8f3beca5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。