スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鷹のあたり日!!

 2011/3/7

 降っていた雨も昼前には止み、近所に猛禽を見に行くことに。さっそくチョウゲンボウが電柱に止まっていました。この個体は冬休みにもよく観察しており、この場所では人気者でもこの日は途中までは僕一人でした。チョウゲンの雌雄年齢ってよく分からないです。体色にも個体差があるし僕にとっては難題のひとつ。警戒心が薄いなどなんとなく行動が若い気がするので若い個体と思いますが・・・

 チョウゲンボウ
DPP_1446.jpg
 電柱から飛び降り、この辺で何かを探していました。でも何かを食べている様子ではなかったです。

DPP_1443.jpg
 ホバリングでカワラヒワを狙ったようですが失敗、、、なかなか小鳥は捕まえられないです。

DPP_1041.jpg
 今日は近くに来てくれなかったので冬休みの写真を。


 ハイタカがしょっちゅう舞っていました。確実に3羽はいましたが、実際はもう少しいたかも。移動中の個体もいたのかもしれません。でもみんな高くて遠い観察にはスコープが必須です。2羽でバトルしたり、カワラヒワを追いかけたりしていました。(死角に入ってしまい狩りが成功したかは不明)

 ハイタカ
DPP_1444.jpg

 ハイタカ 成鳥オス
DPP_1445.jpg
 これはかなり赤味の強い個体。上の写真と比べると全然違う鳥みたい?スコープで見ても気持ち悪いくらい赤いですたぶん冬休みにも見た個体と思いますが、なんか余計に赤いような?写真があれば・・・  このハイタカ2枚もかなりトリミングをしていますが、これでもこの場所では近いほうです。
 


 たくさん飛ぶハイタカやノスリに混じってオオタカ成鳥やトビ、ツミ成鳥オスなどが出現し、ここでは数年見ていなかったハヤブサも上空を通過しました。ツミは冬休みに同じくらいの時間に、同じような方向に飛ぶのを何度か見ています。同じ個体かははっきりしないですが今回も同じようなパターン。ねぐらへ向かっている途中かも。この地域で越冬ツミは珍しいです。

 この場所は猛禽類を数は見れますが、チョウゲンボウ以外はなかなか近くまで来ないので、撮影目的の人にはやや不評です。でも今日はタカを7種。日によってはミサゴも出ますから観察が好きな人はすごく楽しめるかと       せいいち
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://shinshuunw.blog28.fc2.com/tb.php/34-9c8d155b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。