スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中国風?

 2011/3/6

 久しぶりに探鳥会へ参加。この場所での探鳥会は夏休み以来約半年ぶり!!カモ類がひとつの池に11種もいるあたり日でした。ここでは珍しいオナガガモもメスが1羽、数百いるカモの群れに混じっていました。たかがオナガガモかもしれませんが、市内で見たのは僕自身初めてだったと思います。遠くにいる大きい群れの中のたった1羽、それもメスを見つけることにも意味があると思います。

 終わってみれば今日1日で出会った鳥は50種をかるく上回りました。(探鳥会では49種)探鳥会の帰りにオシドリも見てきました。ついでにハイタカなどの猛禽も!何羽か見ましたが、ここには大きめのメスと思われる個体がいるようです。オオタカかと思ってしまうほど、、ほとんど真っ黒にしか見えませんでしたが、よく見るとフォルムや風切の鷹斑の入り方などはハイタカ…やれやれって感じです大抵は高いところに現れるので識別には苦労します。スコープが無いとやっていけません。この仲間は雌雄の差だけでなく、個体差も結構あるので気を付けないと・・・

 オシドリ オス
DPP_1434.jpg
 日本のカモ類では少し特別な存在かもしれませんね。英明は Mandarin Duck で中国のカモという意味があります。なんか中国に取られた感じですがでもなんとなく中華風な感じがするのは僕だけでしょうか

DPP_1435.jpg
 本当にきれいな鳥さんですあのイチョウ羽根はすごいですね~
 イチョウ羽根のページへ

DPP_1437.jpg
 ここは距離は近いですが橋の上から見下ろさないといけないです。それと木が茂って暗く、常に逆光気味なのでシャッタースピードも上がらず、羽ばたきなど動きのある写真は難しいです。

DPP_1438.jpg
 12月ごろよりもだいぶつがい関係がはっきりしてきましたオシドリは毎年ペアを変えるので、野鳥好きに人に「おしどり夫婦ですね」と言うとあまり喜ばれなかったり・・・

DPP_1436.jpg
 メスもほかのカモと違った独特の色合いをしていて、目もくりくりしていてかわいいですねww

DPP_1441.jpg
 ちょっと色の薄いメス。オスのエクリプスも色が薄いですが、嘴の色などからこの個体はメス、、以前白っぽいカルガモのホワイティー君を紹介しましたが。


 オシドリは実家の近所にいるのでいつでも見に行けます。それはちょっとした自慢ですウグイスも鳴きイワツバメも飛来していました。冬鳥たちとのお別れは寂しいですが、これからやってくる夏鳥にも期待です。まだちょっと気が早いですが。
        せいいち
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://shinshuunw.blog28.fc2.com/tb.php/33-ceaa2eae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。