スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


沖縄のブト幼鳥

本島の北部にはハシブトガラスが多く、南へ行くほど少ないそうです。北部の森から南部の都市部へ進出しているんでしょうか?そういえばハシボソガラスは一度も見かけませんでした。

 ハシブトガラス 幼鳥
DPP_2004.jpg
この角度だと、カラスもきれいに見えますね~~それは本土でも同じはずです。

せいいち
スポンサーサイト


コメント
このハシボソ、、とかハシブトってのは嘴のこと?この烏の幼鳥綺麗だね。風格もある。沖縄もヤンバルクイナとかイリオモテヤマネコとか独特の生き物がいるね。だいぶん前に沖縄の生物の生態を調べるのに糞を追いかけてる琉球大学の女性の研究者のドキュメンタリーを見たように思うけど、大変な仕事だよね?
2011/09/19(月) 19:46 | URL | CHIBI #-[ 編集]
ハシブトガラスのほうが少し嘴が太いのでこの名がついています。カラスの黒はただの黒ではなく、光の反射によっては写真のように青っぽく光ったりします!それは成鳥も同じですが、幼鳥は全ての羽根が新しいのでよりにきれいに見えるかも。
2011/09/20(火) 08:40 | URL | せいいち #-[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://shinshuunw.blog28.fc2.com/tb.php/222-b34f2ed5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。