スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


本土のとは、ちょっと違う?

沖縄にはリュウキュウキジバトやリュウキュウアカショウビンのように、本土のものとは違う亜種になっているものも多いです。とは言っても、野外で識別できるほど明確な違いがないものも多く、実際に沖縄で見たキジバトも、本土のものとはそんなに変わらない印象でした。

 リュウキュウサンショウクイ
DPP_1989.jpg
本土のサンショウクイより、確かに胸の色が少し黒っぽく見える気がする・・・

 リュウキュウメジロ
DPP_1993.jpg
メジロは森でも街中でもたくさんいました。やっぱり君たちは南方系の鳥なんだねww

DPP_1992.jpg
分かりにくいけど、本土のものよりお腹が白っぽいかな?でも野外で識別できるほどはっきり違うということもないし・・・普通同じ種なら南へ行くほど体色が濃くなるけど、メジロはなぜか白くなるみたい。

もし亜種まで見分けようと思ったら、身近な鳥でも普段からよく観察して特徴を叩き込まないと、難しいかもしれないですね。でもそこまで見分けられるようになる必要もないかな?        せいいち

 
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://shinshuunw.blog28.fc2.com/tb.php/206-67d45b4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。