スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大きくなりました

 2011/6/15

 オオタカがキジバトを持って近くを飛び、森の中へ消えました。するとそれを追ってもう1羽も。近くに巣があるんでしょうか?その森にはオオタカの巣はないはずですが・・・よく分からないですが、それにしても間近で見るオオタカはやっぱりかっこいい。

 だんだん巣立ち雛や幼鳥を見ることが多くなってきましたね!

 ツバメ 幼鳥
DPP_1839.jpg
 幼鳥には大人の鳥とは違ったかわいらしさがあります

DPP_1838.jpg
 足で頭をかくなんて、人間にはなかなかできないですよね~~このあと親鳥が虫を捕ってやってきました。それを撮れよって感じですが、どうしても見入ってしまい、そんな余裕がないぼくは・・・

 ノスリ
DPP_1842.jpg
 久しぶりに近所の巣の様子を見に行ったら、だいぶ雛が大きくなっていました。さすがに猛禽類の巣ということもあり遠くから撮影したので、35mm換算800mmのレンズでぎりぎりまでトリミングしてもこの大きさ。待っていれば給餌の様子なども観察、撮影できたかもしれませんが、親鳥に怒られるのも嫌なのでやめました。雛は1羽しかいない様子でした。

 オオヨシキリ
DPP_1841.jpg
 こいつはいつでも撮らせてくれるので、撮影の練習にぴったり?


 シジュウカラやセキレイ類、カラスなど、多くの鳥たちが巣立ちの季節を迎えています。巣立ち雛を見るとなんだか安心しますね。         せいいち
スポンサーサイト


コメント
ツバメって好きだなー。特に子供は可愛い。一夫一妻で家族愛、仲間愛が強いんだって?
昨日は公園の池とその近くの日当りと日陰の有る木の下の草むらにいろんな種類の鳥たちが仲良く混じりあって遊んでた。嘴が赤くて尻が丸い鳥も子供が3羽、白鳥の親子、カモの親子、、、、。おいらに向かって来たワイルドダックが水面に下りる時はホリゾンタルに広がって同時着水する。水音、波紋それぞれの着水姿勢、,見とれてしまった。
2011/06/18(土) 14:07 | URL | CHIBI #-[ 編集]
ツバメは人間にとって一番身近な夏鳥ですよね。今はまだ頼りない子供たちも、もうすぐ一人立ちして、秋には何千キロも離れた南の国まで渡っていくと思うと、とてもたくましい!もちろんツバメに限ったことではないですが。
2011/06/18(土) 19:04 | URL | せいいち #-[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://shinshuunw.blog28.fc2.com/tb.php/137-59a6e739
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。