スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


白樺峠より(20)

2011.9.30

予報通り終日雨が降ったり止んだり。タカも飛ばないだろうということで、車の中で、拾った羽根の整理をしたり、音楽を聞いたりして過ごしました。やっぱりミスチルはいい雨が止むとたまに外で小鳥などを探すも大した成果は無し今、乗鞍にいるので、また温泉でも入るとするかな。

せいいち

スポンサーサイト

白樺峠より(19)

2011.9.29

秋晴れは過ごしやすくていいんだけど、青空バックに高くを飛ぶタカを探すのに一苦労サシバ、ハチクマの数がぐんと減り、いよいよ秋の渡りも後半戦に突入かな

夏休みも残り3日というのに、明日、明後日は天気が悪いらしい一度降りて最終日の日曜日にもう一回来るか、このまま最後まで白樺に残るか考え中。

せいいち

白樺峠より(18)

2011.9.28

さすがにサシバの渡りにちょっと勢いがなくなってきたけど、もしかしたら今年は久しぶり一万羽に到達する可能性が出てきましただいぶツミが目立つようになった気がします。今日はいつもよりサシバとツミは幼鳥の割合が高かったような

せいいち

マングローブ林で。

琉球大の実習で、本島最大のマングローブ林を散策しました。泥の上にはたくさんのシオマネキで溢れていました。

 シオマネキの仲間
DPP_2006.jpg
種類までは分かりません。もし分かる方いましたら、是非教えてください。実習中にメモった気がするけど忘れました。

DPP_2007.jpg
ハサミの赤いシオマネキもちらほら。

できればノコギリガザミやアナシャコなんかも見られればよかったですが、それは叶いませんでした・・・でも初めてマングローブ林にいるカワセミに出会えたり、なんか不思議な感じがして楽しかったな~~      せいいち

白樺峠より(17)

2011.9.26

一日曇り空だったけど、朝のうちはそこそこの数のサシバが通過。こんな曇りの渡りにくい条件になる前に、昨日飛んで行けばよかったのに…と思ってしまう。朝の一団以外はほとんど渡らず、暇な時間にはまたカラマツを切って過ごしました。

せいいち

沖縄のイノシシは小さい

沖縄には大きな動物が少ないです。鳥でも大きなタカはミサゴしか見当たらなかったし、フクロウも小さい種類ばっかり。大型哺乳類もイノシシだけのようです。

 リュウキュウイノシシ 
DPP_2009.jpg
瓜ぼうめっちゃ可愛い~でもこの地では害獣として扱われているとか・・・ヤンバルクイナを探していたら道路に出ているのを発見!

リュウキュウイノシシは本土のイノシシより小さいらしいです。島では大きい動物は生き残るのには不利なのかな?           せいいち

白樺峠行ってきました!

今日は兄弟初の白樺峠に行ってきました!

どうやらなかなかのあたり日だったようで目の前に大きなタカ柱が出来たり、頭の上をタカが飛んで行ったりと興奮の連続でした!!
識別は全然できませんが、サシバやハチクマが多くツミも少し見れました。
景色もなかなか良く、少し気温が低い中で食べるカップラーメンは最高でした♪

まわりの広場では、こんな方が・・・
_SSC0723.jpg
コテングコウモリというそうです。

フキの枯葉の中で眠っていました(笑 めちゃくちゃかわいかったです!
おこしちゃってごめんね~ 

ヤマブドウの枯葉からはこんなカミキリが
_SSC0722.jpg
チュウブマヤサンコブヤハズカミキリ
秋のカミキリで、こうした枯葉を食べています。
以前より見たかった種なのでラッキー!

ということで、初の白樺峠はタカの渡りに、カミキリに、コウモリと最高でした!
別のシーズンにも訪れてみたいエリアですね♪

白樺峠でお世話になった皆様、今日はありがとうございました<(_ _)>

                            けんじ

白樺峠より(16)

2011.9.25

観察終了後、山道を歩いていて携帯電話をなくした事に気付きましたでもなんとか見つかり一安心夏休み中2回も携帯をなくすわけにはいかないです

早朝から朝日をバックに飛ぶサシバがいたり、木にたくさん止まっている様子はちょっといつもと違って新鮮でした。

今日は昼前からよしのり、けんじも参戦ちょっと曇ってきて心配でしたが午後から本格的に飛び始め、大きな鷹柱が何度か近くで見れたりして、本格的な渡り観察が初めての2人も喜んでくれたはずさすがに昨日ほどの派手さはないものの、今日も白樺らしくてとても楽しい渡りを堪能することが出来ました。
ちなみに昨日に引き続き、今日の大型不明も僕の仕業…


せいいち

白樺峠より(15)

2011.9.24

昨日は僕の誕生日ということで、いつもより多めにお酒を飲んだそうです。よって記憶がありません暴れたりはしなかったようですが、何かいろいろ変なことを言っていたそうです…

今日は5千羽を超える大当たり今までたまっていたサシバが一気に登場したという感じ。大体こんな数が飛ぶ日は高くて遠いのばっかりですが、今日は見るには十分な距離を通るものも多く、大迫力の渡りでした。一時は今まで見たことないような大きな鷹柱が常にどこかにあり、上空をサシバの川が永遠と続く光景は感動的あちこちに群れが出現するので手分けしてのカウントは大変なぜか僕は一番遠い鉢盛コースを担当し、遠くのハチクマ、ノスリの識別にちょっと苦戦。白樺峠のホームページの速報で、大型不明2を出してしまったのは僕です…でもあれはしょうがないよ。こんなたくさんのタカを数えたのは初めてで、カウントの難しさ、大変さを改めて感じました。

とにかく今日は僕の白樺至上最高の一日で、まだその余韻に浸っています

せいいち

白樺峠中間報告(~9/19) その⑤

サシバがまだちょっと物足りない感じです。白樺では圧倒的に数が出るタカなのに、いまのところハチクマよりはちょっと多いくらいです。台風が去り、サシバがやってくる北のほうまで晴れれば、一気にやってくるとは思うのですが。

 サシバ 成鳥
DPP_2048.jpg
ハチクマに比べると、近くに来てくれる個体は少ないです。

DPP_2063.jpg
けっこうきれいなタカですよね~

DPP_2057.jpg
どこを見ているのでしょう?飛んでいるタカの視線を観察するのも面白いです。

DPP_2044.jpg
大きなタカ柱になる鳥なんですが、いまのところ単独や数羽の小群で渡るものが多いです。

DPP_2043.jpg
まだ30羽以上のサシバのタカ柱って、今年は見ていないかも。

DPP_2054.jpg

DPP_2042.jpg

DPP_2024.jpg

DPP_2025.jpg

DPP_2028.jpg

DPP_2024.jpg

DPP_2041.jpg
自分ではちょっと気に入ってるワンショット

DPP_2059.jpg
珍しい暗色個体。1000羽のうち1羽とかいう話もあるけど今年は既に3羽確認しました。まだ全部で3000羽もサシバは出ていませんけど・・・おそらく1000羽に1羽は言いすぎでは?

 幼鳥
DPP_2049.jpg
お腹は縦縞、虹彩は黒などいくつか成鳥との違いがありますが、その模様が見えなくても成鳥、幼鳥を識別する方法がある???

 サシバ&ハチクマ
DPP_2053.jpg

DPP_2067.jpg
ほとんどハチクマです。タカ柱の撮影って意外と難しいなぁ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。