FC2ブログ

野鳥の羽根、キツツキ類+α

 どうもせいいちです。この前拾ったアカゲラを標本にしたのでここに載せます。雌雄は分かりません。

DPP_1260.jpg
 右上の1枚は尾羽で、あとは風切羽根などの翼の羽根です。左半身のみです、、右は省略。。。

 アオゲラ 成鳥オス 窓ガラスに当たってしまいました
DPP_1263.jpg
 キツツキ類の尾羽は12枚ありますが、両端は小さいです。

DPP_1261.jpg
 初列風切、初列雨覆、小翼羽など
 
DPP_1262.jpg
 次列風切、三列風切、大雨覆など

 ついでに前にも紹介したコゲラです。
SCN_0002_20110215003654.jpg
 詳しくはこちらをクリックしてください。。
 
 アカゲラを拾ったところの近くで、1枚だけ見られない羽根が落ちていました。でもその特徴からすぐにレンジャクであることは分かりました。家に持ち帰り図鑑を見ると、羽先にロウ状の突起物が無いヒレンジャクのほうでした拾えたのは1枚だけですが、コレクションがまた1種類増えました

DPP_1258.jpg
 初列風切の内側から6番目くらいの羽根です。先端に白い斑点があります、、、


スポンサーサイト



キャンパスの忍者 ~ヤマシギ~

 きのうキャンパス内で久しぶりに会ったヤマシギ君を、今日も同じ場所で見ることができました。今回は構内で越冬しているヤマシギについておはなしします。


 ヤマシギはキャンパスでは冬のみ見られるようで、11月下旬に飛来を確認しました。その後も観察していると、構内に少なくとも2羽はいる様子でした。見つけるのが難しく、こっちが気付く前に飛んで逃げてしまうこともよくありました。まるで忍者です下の写真は、2羽のうち観察しやすかった方の個体です。いつも置き物状態で全く動きませんでしたが・・・
 
 ヤマシギ
DPP_1158_20110215011941.jpg

DPP_1165_20110215011941.jpg


 しかし残念ながらこの個体、今はもう見ることができません・・・

 ある日のこと、いつもヤマシギが座っている森の地面から大きめの鳥が飛び出す音がしました。しまった!またヤマシギを飛ばしてしまった!!と思ったのですが、飛んでいるその鳥はヤマシギではなくオオタカでした。近くの木に止まり、ときどき構内で見る個体であることを確認できました。そのときある不安が、、、もしやヤマシギを食べていたのではと思いつつ、そのオオタカを観察しました。とりあえず、"そのう"の膨らみは認められず、体に血がついている様子もなかったので、食事中だったという確信は得られませんでした。その後オオタカが出てきたあたりの地面を見ましたが、ヤマシギの羽根などは見つかりませんでした。近くにヤマシギもいない様子で、とりあえずこの日はそれで観察を終えました。

DPP_1175_20110215011940.jpg

 その後そこでヤマシギを見なくなりました。そしてオオタカがいた日の数日後、その近くでヤマシギの羽根2枚を拾いました。しかも1枚は少し血がついていて、何者かに襲われたようです。その後、足まで見つかったのでそれは間違いなさそうです。いつも見ていた個体だっただけに自然の摂理とはいえ複雑な心境でした・・・あの時にやられたのかどうかは今となっては分かりません、、、近くにもっと羽根がたくさん落ちている場所があると思うのですが、探しても見つかりません。しかも今はおそらく積もった雪の下

 ヤマシギ 左が次列風切(約10cm)、右が大雨覆
DPP_1259.jpg

 もう1羽のヤマシギも一時期見られなかったんですが、昨日今日と連続して出会えました。昨日も今日も写真が撮れなかったこともあり、以前に撮った下の写真の個体と同じか確かめられませんでしたが、これからも身近でヤマシギ君に出会えると思うとラッキーって感じです     せいいち

DPP_1183_20110215011940.jpg