スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今シーズン最後の白鳥湖

2012.4.2

安曇野のコハクチョウやカモ類も残りわずか・・・
全部いなくなる前に様子を見てきました^^

~アメリカヒドリ?~
DPP_2565.jpg
ちょっと緑が薄いですが,腋羽は白かったらしい
アメヒの若いオスってことなのか?

~ヒドリガモ~ メス
DPP_2566.jpg
目の後ろに白斑がww
左右両方にあり,ちゃんと羽毛にこの色が着いています


~ダイサギ~
DPP_2564.jpg
いわゆるオオダイサギってやつかな~
この日は夏鳥のチュウサギも2羽^^

~ハイタカ~ 幼鳥オス
DPP_2563.jpg
この日,白鳥湖の上空を飛ぶ渡りのサシバ16羽をカウントノスリもちらほら☆



せいいち


スポンサーサイト

安曇野に、オシドリ

2012.2.27

渡りの季節にたまに立ち寄るだけのオシドリに出会いました。

DPP_2435.jpg
警戒心が強いので、たぶんこれ以上近づけないww
そういえば僕はここでオシドリを見たのは初めてだったような?

これから鹿児島へ向けて出発します。
その間の更新は、けんじ、よしのりの二人が頑張ってくれるから大丈夫かな??

せいいち

これはどう?

2012.2.27

昨日の安曇野にいたアメリカヒドリのオスらしき個体。
DPP_2433.jpg
ヒドリガモとアメリカヒドリの交雑と考えられる個体は結構見ますが、こいつはホントにアメリカヒドリに見える。ただちょっと頭の緑の色が薄め?
まあもし交雑だとしても、かなりアメヒに近いんでしょうけどね~
なかなか顔を上げてくれなかったので、しっかりした写真が撮れていません。

それとここのヒドリガモの集団は、なんか疑問の残る羽衣をしたものが多かったな~


もっと粘るべきだったけど、ここにはカモ類を細かくチェックしている常連さんもいますので・・・

せいいち




縦線ある?

この冬、安曇野にコガモとその亜種アメリカコガモのハーフと考えられる個体がいます。

DPP_2374.jpg
真ん中よりやや左にいるマガモのオスのひとつ奥の個体だけ、アメリカコガモと同じように側胸部の縦線があるのが分かると思います。これは亜種コガモにはないアメリカコガモの特徴で、トモエガモにも似たような縦線があります。でも亜種コガモにしかない体の上面と下面の境にある、地面と平行にはしる横線もはっきりしている・・・

DPP_2403.jpg
これはトモエガモですが、アメリカコガモと同じように側胸部に縦線があります。

DPP_2406.jpg
これはよく見るコガモです。
一番上の問題の個体のように縦線はなく、水面と平行に横線もある。。

さらに問題なのは、、

DPP_2375.jpg
よく見るとうっすら縦線が・・・反対側にもあるし、羽毛の乱れや生え換わりによるものではなさそう。。。
コガモもよく見ると変なのがいますね~~~

どうも亜種コガモと亜種アメリカコガモの交雑個体は、亜種コガモに近い形態になることが多いそうです。
つまり普段のコガモとして見ているものの中に、2亜種のハーフが混ざっていることもあるということ?そうなると識別は難しそう・・・

下から2番目のコガモも、水面と平行な横線が小さく見えなくもない・・・
これまで横線の大きさの違いも、個体差や羽の重なり具合によるものと思っていたけど、もしかしたら亜種コガモに近いハーフはこんな風になるのかな?なんかややこしい話ですね・・・

リンク集にあるホームページ「風と光と鳥たちと」ではもっと鮮明な写真や、羽ばたいたときの写真など色々あります。このカモが気になる方は是非見てみてください。雑記帳の1月のページです。2月でした。

せいいち

ミコ&カワ

2012.1.22

今からちょうどひと月前の白鳥湖,
いつもはあまり近くに来ないアイサ類が目の前を横切りました。

カワアイサ
DPP_2386.jpg
なんかカモっぽくない姿・・・
魚を捕らえやすいように、他のカモ類とは全然違った鋭い嘴を持っています。

DPP_2385.jpg
川を下る二組のつがい。ダブルデートみたい?

ミコアイサ メス
DPP_2387.jpg
意外とオスかもしれません。実はこういうカモの雌雄の識別って難しいんだよね

DPP_2388.jpg
翼の表側も見たかった。。。

今日、キャンパス内でアトリの羽根を拾いましたww
ハイタカなどの猛禽に襲われたようです。
久しぶりに僕の羽根コレクションに一種追加できました

せいいち


実習お疲れ~~

2012.2.11

信大の実習が終わった翌日、東京の大学から来てくれた新しい友達アベちゃんとけんじ君と3人で安曇野へ行ってきました!!

いつものようにカモなどの水鳥、タカ類、白鳥などがたくさん

まず最初に出会ったのがコチョウゲンボウ
DPP_2411.jpg
しばらく観察しようとしてたけど、散歩の人が来て遥かかなたへさようなら~~

コガモ オス
DPP_2406.jpg
いつもはあまり近くに来ないコガモが目の前に(^-^)

メス
DPP_2405.jpg
近くで見ると、やっぱりコガモってすごく小さい!
カイツブリよりも少し大きいくらいに感じました。

トモエガモ オス
DPP_2404.jpg
オオタカがカモにちょっかいをかけたので、トモエ君がちょっとだけ近くに来ました。

DPP_2403.jpg
雌雄あわせて10羽ほど確認!でもオスしか近くに来なかった・・

DPP_2402.jpg

そしてこの日いちばんの収穫は・・・

DPP_2407.jpg
普通に鳥を見ていたら、上空からここではあまり聞きなれない声が・・・

DPP_2408.jpg
マガンの群れでした!!36羽も!!!

DPP_2409.jpg
この地でも毎年マガン数羽が越冬、もしくは通過するみたいですが、こんな大きい群れはあまり来ないよう。

DPP_2410.jpg
川に降りることなく、北のほうへと去っていきました。


寒かったけどアベちゃんも楽しんでくれたはず?
またいとう氏も連れて、今度は暖かい時期にまた来てね~~~

せいいち


安曇野

今日は、信大と他大学との交流実習で知り合った東京農業大学のあべちゃんとせいいち、けんじの3人で安曇野にこハクチョウを見に行ってきました。

_SSC1082.jpg
約一年ぶりの再会です。
やっぱり優雅でいいですね~

_SSC1084.jpg
北アルプスは雪の影響ではっきりとは見えませんでした。
残念、あべちゃん!

_SSC1083.jpg
カモのエサを横取りしようと大接近するトビ

_SSC1086.jpg
カメノコテントウの越冬

_SSC1085_20120211224333.jpg
そして先生と生徒といった感じのせいいちくんとあべちゃん(右)

あべちゃんはそろそろ家に着いたころかな?
あべちゃん、そして相方のいとうくん、実習&安曇野鳥見(いとうくんは参加できませんでしたが)お疲れ様でした!
また、信州に遊びに来てくださいね!!
鳥に関してはせいいちくんから詳しいお話があると思いますのでお楽しみに。
なかなかいいものが見れました!


けんじ





コガモ?トモエ?

2012.1.22

ちょっと変なコガモのメスらしきカモがいました。

DPP_2389.jpg
トモエガモのように嘴の根元に白斑がでも他はコガモのメスの印象…コガモの群れに混ざっていましたが、大きさは同じ位かな?顔のパターンもトモエならもっとはっきり出るような…

カモをよく見ていると、変なのが結構いますね~~

せいいち


ハイタカもいる・・・

2012.1.14

いつもはオオタカばかり出現するカモのたまり場に、今シーズンはハイタカもよくやってきます!

ハイタカ 幼鳥オス
DPP_2378.jpg
こんな目立つところまで出てきて止まってるなんて、ここ数年なかったはず。。

DPP_2379.jpg
成鳥に比べるとタカの風格があまりないかも・・・
まだちょっとあどけない感じ?

この冬はあちこちで例年よりハイタカがよく見られているらしい。
なんでかはよく分からないけど、信州も例外じゃなさそう。。
冬の小鳥が少ないから、里に降りて来た個体が多いのでしょうか?


水道管の凍結,今も続いています
やっぱ水道ないと不便なことがいっぱいです・・・
冷え込むということで、蛇口からほんの少しだけ水を出してたんですが,
あの程度ではダメだったんですね~~

せいいち

若者もいた

2012.1.22

白鳥湖にホオジロガモのオスが住み着いてからだいぶたちました。

ホオジロガモ オス
DPP_2377.jpg
やっぱり綺麗なカモだww

DPP_2376.jpg
水中へ、ダーイブ!!

この日は遠くの方にしか見えなかった茶色いホオジロガモも、一度だけ近くまでやってきました!

DPP_2391.jpg
若い個体かな?嘴の色からして成鳥メスではなさそう。
でも若い雄なのか、雌なのかはよく分からん・・・
だれか分かる方教えて下さい(>人<)

明日の朝は今シーズン一番の冷え込みになるらしい・・・
その寒さを味わうために、早起きして外に出てみようかな~

せいいち


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。