スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


湖北のコハク その②

琵琶湖のコハクチョウの続きです,

DPP_2350.jpg
オオヒシクイと一緒に。。

DPP_2351.jpg
やっぱり大きなこの鳥の飛び姿はいい

DPP_2352.jpg

DPP_2353.jpg

DPP_2354.jpg
アメリカコハクチョウとコハクチョウのハーフの一家!!
よく見ると幼鳥にも嘴にその特徴が!!
先頭の嘴の黄色が一番小さい個体でも、アメリカ人はハーフとして扱うらしいです。
本当のアメリカコハクチョウの嘴は全部黒いか、ごくわずかに黄色がある程度だとか。


今日近所の温泉につかってきました。
家のお風呂に入るつもりでしたが、それが出来なくて・・・
水道の水が出なくなっちゃって

水道代は払っているので止められたわけではないはず、、
ということは?たぶん最近の寒さで凍結してしまったよう・・・
まだ数日寒いだろうから、水が出るようになるのは来週になってからかも?
しばらく不便な生活が続きそう。誰か僕に水をくださ~~~い

せいいち


スポンサーサイト

湖北のコハク

信州にもコハクチョウはいますが、琵琶湖の白鳥はまた違った雰囲気で楽しい~

コハクチョウ
DPP_2344.jpg
初日の日没のころ、ビオトープに帰ってくる白鳥を待っていましたww
偶然!配置が平行四辺形!!

DPP_2345.jpg
安曇野と違いここでは給餌が行われていないからか、ちょっとたくましく感じるかも?

DPP_2346.jpg
次の日の朝、湖から田んぼへ出勤するハクチョウたち

DPP_2347.jpg
青空バックでは、安曇野で撮ったのと同じ・・・
これでは琵琶湖で撮った意味はないけど、楽しいからいいや。

DPP_2348.jpg
琵琶湖の対岸が見える上のちっちゃいのはオナガガモでした。

DPP_2349.jpg
なんか少し幻想的に撮れたつもり.
ちょっと気に入っています。。

最近信州も寒い
よく車のドアが凍って開きにくかったり、中にあるみかんが冷凍みかん化している・・・

せいいち

琵琶湖でモズ

琵琶湖で色々な鳥を見ている合間にも、モズ君がよく出現しました\(^ー^)/

モズ オス
DPP_2327.jpg
オオワシを観察中に自分の周りをうろうろしていました。

DPP_2338.jpg
野鳥センターの近くで出会った個体。


わざわざ湖北まで来てモズを撮らなくてもいいのに・・・
って思われそう

せいいち

チュウヒがいっぱい (^0^)

2011.1.4

信州でチュウヒを見るには結構苦労しますが、琵琶湖ではトビの次ぐらいに見られるタカでした!!

DPP_2339.jpg
撮影失敗・・・その前に白鳥を撮っていて、露出をアンダーにしてたのが原因
こんな経験した人は多いのでは?

DPP_2340.jpg
琵琶湖に滞在中、毎日何度も出現。。あのV字飛行はやっぱりカッコいい~~

DPP_2341.jpg
よく沖でカモを飛ばすなどのちょっかいをかけては諦め、というのを繰り返していました。
全然捕まえられる気配がなかったですが・・・

群れの中に、弱っているカモでもいないか探していたんでしょうか?


せいいち

地味でも希少種

2012.1.4

湖北で見られる野鳥の代表的なもののひとつ、オオヒシクイを見てきました。

オオヒシクイ
DPP_2331.jpg
大型のガン類で、コハクチョウよりちょっと小さいくらい。

DPP_2328.jpg
やや地味なので、白鳥に比べると人気は少し劣るかも?

DPP_2336.jpg
でもオオヒシクイは数が少ない希少種!
日本も主な越冬地のひとつですが、その場所は局地的・・・

DPP_2332.jpg
ヒシクイには亜種がいて、琵琶湖に飛来するのはほとんどが亜種オオヒシクイ。
東北など北のほうでは亜種ヒシクイが多いそうです。

DPP_2333.jpg
なんか観察してると、白鳥と雁は近い仲間と実感できる。

DPP_2337.jpg
さっき地味って言ったけど、なんか渋い美しさがあるような?ないような?
後ろの個体は右翼の一部を換羽中。

DPP_2330.jpg
なんか海をバックに飛んでるみたい。

DPP_2329.jpg

DPP_2335.jpg

DPP_2334.jpg
尾はこんな模様なんですね~
白鳥と違って足はオレンジ。



最近自分で髪の毛を切って、ちょっと失敗しました・・・
同じ学科の女の子に「中学生みたい(笑)」と言われ、結構なショック

どこかで僕を見かけても、髪型のことには触れないで下さい・・・

せいいち


オオワシ 続き

2012.1.3

オオワシ 成鳥メス
DPP_2313.jpg
港で魚を捕まえて、すぐに戻ってきました。

DPP_2314.jpg
巨大なオオワシがどんどん近づいてくる

DPP_2317.jpg
もし自分が狙われたら・・・・・キャ~~~~~~

DPP_2318.jpg
魚はブラックバスみたい。尻尾の形が特徴的だとか。

DPP_2315.jpg
一枚だけ画面いっぱいにトリミング。

まさかオオワシ観察初日に、こんなに近くでオオワシを見れるなんて。。
この日はついてました。。

DPP_2319.jpg
琵琶湖滞在中、毎日オオワシを見ることができました。もう結構年寄りだそうですが、また来年も飛来しいてほしいww

せいいち

初のカイツブリ

2012.1.6

珍しいカイツブリがいると聞いたので、見に行ってきました

アカエリカイツブリ
DPP_2320.jpg
見た目にはなんか変なカンムリカイツブリ。
冬羽なので、夏羽に見られるような赤襟は見られないです。

初めて見るカイツブリ類だったので、なかなか見つけ出せず苦労しました。
琵琶湖でも珍しいそうです。
もし3月ごろまたここで出会えたら、ちょっとは"アカエリ"らしくなってるかな?

せいいち


超,大物!!

2012.1.3

琵琶湖についてすぐ、あの有名なオオワシに会いに行きました。

オオワシ 成鳥メス
DPP_2307.jpg
鳥を直接探すより、カメラマンのレンズの先を探すのが、有名探鳥地で鳥を見つける最大のコツ
今回もこの手を使い、ラクラク発見!
ちょっと距離があってもそれを感じさせないほどBIGなワシ!!

DPP_2308.jpg
伸びをしたところ。じっとしているオオワシから目を離していても、近くのカメラマンが動けばオオワシも動いたと分かる・・・

DPP_2309.jpg
琵琶湖目がけて飛び立ちました。

DPP_2310.jpg
こうしてみると、オオワシってとっても綺麗なワシですね~~

DPP_2311.jpg
この後、すぐに餌を持って戻ってきました。その時頭のすぐ上を通過大迫力でした。
そのときの写真はまた後日。

明日は今季最強の寒波がやってきて、朝の最低気温が氷点下10度を下回るかもと言う予報。。。
伊那はこの時期どんなに冷え込んでもほとんど雪は降りません。だから余計に底冷えして寒い
雪が降った方がまだ暖かいんですが、それはそれで道路がえらいことになっちゃいますよね~~

せいいち

伊吹山

2012.1.5

さっき高速道路を走って信州伊那へ戻りました。中央道はカーブや坂道が多くてとても楽しい

やっぱり信州は寒い部屋は冷蔵庫とおんなじような温度…


疲れたので、更新はちょっとだけにします。

_MG_3791.jpg
背景は伊吹山!!○○○シで有名ですね。近畿の最高峰だったっけ?
小さく写っているのはトビ。

_MG_3785.jpg
田んぼにタゲリがいるのが分かりますか?


今日、昨
日写真が取れなかったチョウゲンボウにまた出会いましたが、遠くて撮れず・・・
でもハヤブサが何度も現れるなど、計8種のタカを観察!!移動中と思われるツグミ17羽の群れや、ケリやタヒバリもよく見られ、とても楽しい一日ww

せいいち


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。