スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


野生復帰を目指して!

先日左足を折ってしまったモズ君を保護し,獣医さんに診てもらいました
手術に立ち会ったのですが,麻酔なしで痛がるモズ君を見るのが耐えられない
治療費を免除してくださった先生に感謝です^^

_MG_1113.jpg
足が治るのかどうか分からないけど,野生復帰できるまで一緒に過ごそうと思います^^

_MG_1111.jpg
100円商品で自作した鳥かごでおとなしくしていますww
めっちゃかわいいですでもかごの中の鳥はちょっとかわいそうに見える・・・

餌もちゃんと食べるし,足さえなんとかなればなぁ~~
でも放鳥するとき,別れるのがつらくならないようにしないと

せいいち



スポンサーサイト

山岳の小鳥

2012.6.18

高山帯って環境が厳しいからか,鳥の種類は多くなかったり・・・
でもそこでしか見れない鳥ばかり^^

~カヤクグリ~
DPP_2684.jpg
イワヒバリと共によく見る高山帯に棲む小鳥の代表選手!!

7月に入り夏も本番また高い山で涼みた~い


せいいち






亜高山は春?

2012.6.19

ライチョウに会いに行く途中の道,
亜高山の森にはそういう環境に棲む鳥の声がいっぱい(^^)

~メボソムシクイ~
DPP_2683.jpg
地鳴きを発しながら近寄ってきました☆
ちょっと脅かしちゃったかも
巣を守っているお母さん?って感じ?


信州も下界は夏って感じですが,高い山はまだ雪が残ってるし,
肌寒いしまだまだ春なのかも?
でもさすがにもう6月,気温が低めでも日差しはきつく,体温調節が難しい・・・


せいいち




なんで逃げない?

2012.6.19

ライチョウはアホウドリと共に人から逃げないことで有名です^^
でもなんで逃げないんですかね~~

~ライチョウ~ オス
DPP_2690.jpg
目の上の赤い部分は,思った以上に輝いていました

メス
DPP_2691.jpg
メスにもこのい赤い部分がちょっとだけあるんですねww
拡大して見ればわかると思います!

逃げないのは日本のライチョウだけだそうで,
海外では人を見ると一目散に飛んで行くらしい・・・
日本ではライチョウは神様の鳥で,狩猟をした歴史がないから?
っていう説があるらしいけどはたして
本気で捕まえようとしたらどうなるか実験してみたかったけど,
かわいそうだし特別天然記念物だし



せいいち




やっと出会えた県の鳥♪

2012.6.18

今日は高山帯まで足を伸ばし,
信州に住んでいながら今日まで一度も見たことのなかったこの鳥を探しました☆

~ライチョウ~ オス
DPP_2695.jpg
これまで見るチャンスが何度かあったけど,
なぜかこの鳥さんには嫌われていました・・・
今日も青空で登山日和だったんですが,夕方近くまで全く気配なし
まただめか~もう帰ろうかと思い始めたとき,雲がかかってきて状況が一変
とりあえず遠くを飛ぶオスを発見!!でも霧の中へ消えました・・・
300m先を飛んだのを一瞬見ただけでは逆に悔しい
そいつをもう一度探そうと思ったのですが,これから一気に動き出すのでは?
と思い近くを見回すと,そこにはまた別のライチョウが^^
それがこの見張りに出てきた?写真のオスです!
うわさには聞いてたけど,本当に逃げないんだなぁ~~


もうちょっと観察したかったけど,霧も濃くなってきて時間も時間だし,
まあ帰り道でまた別のに会えるだろうということで下山
そして今度は採食中のつがいに遭遇^^

メス
DPP_2692.jpg
なんかメスのほうがかわいい

DPP_2688.jpg
メスのほうがよく草をつついて食いしん坊に見えましたww
というよりもメスが採食しやすいように,
オスがあたりを見渡して危険がないかを見張っているような印象!!

DPP_2694.jpg
たくさん食べて,元気なヒナを育ててくれ

DPP_2693.jpg
確かに逃げないけど,僕のことを嫌がっている様子
逃げないからと言って人を全く恐れないわけではないかも?
ライチョウが人からあまり逃げない理由は聞いたことがあるけれど( ̄∀ ̄)

DPP_2696.jpg
特別天然記念物に指定され,絶滅の恐れもあるライチョウ
この先もずっと生きのびられるようにしなくては

ライチョウと言えば長野県の県の鳥
でも岐阜と富山も県の鳥がライチョウなんですよね~~
日本の生息地のほとんどは長野県なんだから,とらないでよ
って言いたかったんですが,
今日出会ったのはひょっとして岐阜県かも・・・

なんか久しぶりにうれしかったので,珍しく長文になっちゃいました^^


せいいち




探鳥会in駒ヶ根

2011.11.13

日本野鳥の会伊那支部が主催する探鳥会に参加しました。今日の目玉は天竜川の対岸に止まるヤマセミのメス遠かったけどみんなでスコープを交代で覗きしっかり見ることができました。

探鳥会の後も残って観察していましたが、今度はヤマセミには会えず。でもハイタカ、オオタカ、カワアイサに遭遇

ハイタカ 幼鳥
DPP_2196.jpg

秋も深まり落葉も進んでいます。最近カラマツの落葉がすごくて、上を向くと目に入ってきてうっとうしい次の冷え込みで不調の冬鳥たちがドバッとやって来るのだろうか

日本シリーズで中日が2連勝パ・リーグ覇者の強豪ソフトバンクに、敵地ヤフードームで2つ勝てたのは大きいと思います。これからの展開も楽しみ!!

せいいち

御嶽 野鳥編

 2011/7/29

 昨日はけんじ君が昆虫について書いてくれたので、今日は僕が鳥について書きます。

 御嶽の亜高山帯から高山帯を中心に見回りました。いきなりマミジロのオスが現れ幸先のいいスタート山の上の方にはメボソムシクイ、ビンズイ、ホシガラス、ルリビタキ、ウソなど、高標高でなければ見られない野鳥がたくさんいました。コマドリの声も時どきww

 ビンズイ
DPP_1954.jpg
 6月に霧が峰で会って以来です。ヒバリやミソサザイに似たこのさえずりを聞くと、高い山に来たという実感が沸きます。

 ホシガラス
DPP_1955.jpg
 上のビンズイを見ていたら、そいつを追いやってここに止まりました。

 ウソ オス
DPP_1957.jpg
 突然登山道のすぐ側に出てきて、近すぎてはみ出しました。水浴びの邪魔しちゃったかな?

 よしのり オス
DPP_1956.jpg
 彼は眠かったみたいです。運転お疲れ様!でもむやみにサイドブレーキかけるのやめたほうがいいんじゃ・・・

 高山帯ではイワヒバリ、カヤクグリなどに出会いました。イワヒバリは去年の秋、乗鞍に行って以来の出会い。

 イワヒバリ
DPP_1959.jpg
 意外とでかいんだよなこいつ・・・

DPP_1958.jpg
 夫婦で仲良く高山帯の鳥は、人間をあまり恐がらないやつが多い。

 今回ライチョウには出会えませんでした。見たという登山者もいましたが。信州にいながら未だにライチョウに出会ったことがない・・・       せいいち
 

バードソン②

 2011/6/12

 本当はきのう更新するつもりでしたができませんでした。ごめんなさい

 イカルチドリやイソシギを探していると、川と反対側の田んぼにアマサギが群れて餌を捕っていました。

 アマサギ
DPP_1834.jpg
 やっぱり首が短くて小さく見えます。

DPP_1833.jpg
 夏羽に換羽中なのか、わずかにオレンジ色の羽根がありますね~

DPP_1832.jpg
 やっぱ成鳥夏羽を見ると、テンションが上がります

 近所での散策を終え、中間順位はなんと”1位”さらに種数を稼ぐため、霧が峰へ草原の鳥を探しに行きました。そこでホオアカ、ノビタキ、ビンズイ、コヨシキリ、オオジシギなどをわりとあっさり追加!その途中出会ったウグイスです。

 ウグイス オス
DPP_1835.jpg
 高原のウグイスは森のに比べて観察しやすいです。こうやって目立つところによく出てきます。

 残り時間も少なくなり、霧が峰からすぐ下の山林で山地から亜高山にいる鳥をねらって散策しました。ここが意外と鳥がたくさんいるポイントだったみたいで、コルリ、ジュウイチ、ウソ、ルリビタキなどを追加ww中でもラッキーだったのがこの・・・

 マミジロ 成鳥オス
DPP_1836.jpg
 クロジか何かホオジロ系の地鳴きが聞こえたと思ったら、正体はこの子!!マミジロの地鳴きを初めて聞きました。ある意味マミジロらしい写真。

 終わってみれば79種と満足のいく結果です。もし昨日のノスリがクマタカだったら・・・予定通りサンコウチョウやエゾムシクイに出会えていたら・・・明け方フクロウかヨタカが鳴いていたら・・・80種の夢は惜しくもかないませんでしたが、いつもと違うゲーム感覚の鳥見も、たまにはいいもんですね~そして順位は・・・



 最後に抜かれて全国4位でした(社会人チーム、学生チームあわせて40チーム中)

 そりゃそうですよねー。でも海も大きい川もない場所で戦ったわりには、かなりいい数字だと思います。来年は海から山まで回ってみようかな~~

 そのうち暇があれば、79種のリストを載せようと思います。今やると大変なので。       せいいち

探鳥会in高ボッチ

 2011/6/5

 日本野鳥の会伊那支部が主催する探鳥会へ参加しました。場所は塩尻市の高ボッチ!標高が高く、草原が広がる場所です。霧ケ峰や美ヶ原みたいな場所をイメージすると分かりやすいです。

 ホオアカやノビタキ、コヨシキリといった草原の鳥、ビンズイやキクイタダキ、ウソやキバシリなどの亜高山の鳥を中心に20種ほどを観察できました

 ホオアカ オス
DPP_1822.jpg

 ホオジロの仲間ですが、その割にはさえずりが地味??       せいいち


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。