スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


仙丈

今日も暖かい一日で、思わず南ア方面に・・・
昨年、Tsujiusを採集したエリアです。

まだ、冬の様相を帯びた景色でしたが、天気は最高で歩いているだけで汗が出てきます。
_SSC0948.jpg
この橋を見ただけでも場所が分かる方もいらっしゃるのでは?
_SSC0950.jpg
仙丈です。まだ寒々しいですが、6月頃には新緑の素晴らしい景色にかわることでしょう。
_SSC0949.jpg
春を感じさせらます。
_SSC0952.jpg
何やら茶色い影が・・・

_SSC0953.jpg
イタチでしょうか?詳しい方ご教授くださいm(__)m

_SSC0951.jpg
ツチハンミョウ
この虫も春に動き出しますね。
_SSC0947.jpg
ツマグロオオヨコバイ
鮮やかな緑が寂しい森に彩りを加えます。

_SSC0957.jpg
オオイヌノフグリ
下山後にパシャリ

_SSC0956.jpg
気持ちよさそうです。
_SSC0955.jpg
ビロードツリアブ
春の森でよく見かけます。コロコロしていてかわいいですね~
_SSC0954.jpg
クジャクチョウ
本日、一番多かった蝶です。

猿と鹿も見かけましたが、糞虫は見かけませんでした。
5月に入ると猿が芽吹きに合わせ移動を始めるので、新鮮な緑の糞がたくさん見つかります。
そして昨年のように糞虫も一気に出現することでしょう。

けんじ

スポンサーサイト

西駒で実習

 2011/7/22

 大学の実習で、西駒演習林へ行って来ました。西駒演習林は中央アルプスの北部にあり、標高3000m近くの高山帯にまで広がっています。とは言っても今日行ったのは2000mにも満たない場所ですが。

 コバノイチヤクソウ?
CA390839_20110722231848.jpg
 場所によってはたくさん生えていました。昨日と今日の写真は携帯のものなどで、ちょっと画質が悪いです。

 ゴイシシジミ
CA390838.jpg
 成虫はササに付くアブラムシの蜜を吸い、幼虫はアブラムシを食べるなんだか恐いやつ・・・たくさん飛んでました。

 野鳥では亜高山の代表種のメボソムシクイ、キクイタダキ、コマドリ、ルリビタキ、キバシリなどを観察しました。

 帰ってきて構内で見つけたエゾセミ メス
CA390837.jpg
 胸の模様がマクドナルドの「M]みたいww

 実習が終わった後は手良沢山演習林の宿舎前で打ち上げをしました。花火をやったり夜の森を探検したり、また楽しいときを過ごせて満足満足!      せいいち

夏鳥の姿なし・・・でも・・・

 2011/4/22

 早朝、キャンパスでの観察を終え、自転車を飛ばしとある渓流沿いの山林へ行ってきました。オオルリやムシクイ類、ヤブサメなどが見られることを期待しましたが、夏鳥で確認できたのはツバメだけ・・・森がさえずりで賑わうのはまだ先になりそうです

 今年初のクジャクチョウです。
DPP_1653.jpg
 成虫越冬をするチョウなので、わりと早い時期から見られます。食草はカラハナソウ、イラクサ、ハルニレなど。信州らしい色鮮やかな蝶ですねwwこんな蝶が普通に見られるなんて幸せです

 ネコノメソウの仲間
DPP_1654.jpg
 ニッコウネコノメソウでいいと思うのですが。ネコノメソウも種類が多く、パッと見似ているものも多いので写真を撮ってから調べても確信が得られないことが多い・・・それは植物全般そうかもしれないですが。でも荷物も多いしなかなか図鑑を持ち運ぶのも大変。基本自転車で移動だし、植物図鑑は1冊では足りないことも多いし・・・

 アブラチャン
DPP_1656.jpg
 ダンコウバイと似ています。僕もよく分かりませんが、下に落ちている葉っぱがアブラチャンっぽかったので。
 
 フサザクラ
DPP_1657.jpg
 桜とは違う仲間です。

DPP_1658.jpg
 花弁がなく、雄しべが目立ちます。


 ここにはなんとなくタカ類が巣を作っていそうな森があったので、林道沿いを探してみました。やはりアカマツの木に大きな巣がありました。新しく枝が巣に乗せられているようで、巣を修復した感じはありましたが、遠くから見て何も入っていないように見えたので、とりあえず巣の真下に何か落ちていないか捜索。ふと巣をほうを見上げるとこちらをのぞく影が・・・なんとオオタカさん(たぶんメス)です。ああいたんだ、、ごめんごめんとりあえず場所だけ確認してその場を後にしました。空だと思っても、不用意に近づかないほうがいいですね。どうか無事に繁殖して下さい。。

 それにしてもこの地域は数多くのオオタカが繁殖しています。確かにこの辺はオオタカが好みそうなアカマツ林がたくさんありますから。餌となるハトなどの鳥も多いですし。以前もこれくらいいたんでしょうか?これでは他の猛禽類は自分の雛が襲われないかヒヤヒヤでしょう。ましてやハト類なんて・・・      せいいち


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。