スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


羽根 ~カワセミ類~

 カワセミ類の羽根はどれも個性的で、きれいな色をしています。でもカワセミの風切羽根などは意外と地味で、普段見える所にしか色がついていませんこれはいろんな鳥に共通しています。一人暮らしの学生の部屋も、見えるところしか片付いてないですよね(笑

 カワセミ 成鳥メス
SCN_0010.jpg
 右翼の羽根です。真ん中から下の黄色っぽい羽根は翼の下側になります。左下の青い羽根は肩の部分です。

SCN_0009.jpg
 ど真ん中の11枚並んでいるものは尾羽(本来は12枚または14枚)、その上一列は上尾筒、下一列は下尾筒です。(すみませんが用語は図鑑などでお調べください)右側の光る水色の羽根は、背中や腰の一番きれいな所です。基本的に青味のある羽根は背中側、オレンジ色の羽根はお腹側の羽毛です。
 
 この個体の標本には左翼の部分もありますが、それを含めて作るのに5時間くらいかかった覚えがあります。当時受験生だったので、勉強の合間に標本を作るつもりでしたが、逆に標本作りの合間に勉強するといった感じ実は今もこの記事を書きながらトラツグミの羽根標本を作っています。しかも1年前に拾ったやつ・・・

 アカショウビン(風切羽根) ヤマセミ(白黒まだら)
SCN_0008.jpg
 両方とも、ある方からいただいたものです。アカショウビンは幼鳥とのこと。ヤマセミの風切羽根や尾羽なども紹介したいのですが、なかなか手に入らなくて・・・そう簡単に羽根なんて拾えないですから、、     せいいち

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。