スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


農学部キャンパスの野鳥たち 冬編②

 冬編①の続きです。

 シロハラ 若鳥
DPP_1277.jpg
 地元愛知県で撮った少し古い写真です。秋に飛来し5月の連休ごろまで見られます、、年末ごろまでは十数羽の群れでかたまっていましたが、年が明けたころ急に単独行動をするようになりました。

 シメ 冬羽オス
DPP_1279.jpg
 1羽から数羽で行動しています。構内でも結構よく見られますが、何を食べているのかよく分かりません… ユリノキの種なんかを食べそうですが。。

 ベニマシコ オス
IMG_0905.jpg

 メス
DPP_0591.jpg
 たまに出会いますが、キャンパス内で越冬しているというよりは、ときどき周りの草地などからやってくるという感じ写真も去年松本で撮ったものです。

 トラツグミ
DPP_1278.jpg
 構内のあるポイントに2羽いたのですが、タカ類にやられてしまい、羽根だけになりましたなので最近は見ないです…もしキャンパス内で最近見た方いらっしゃいましたら、ご一報ください!ちなみに写真は松本市内のとある池のほとりで撮りました。

 ミソサザイ
DPP_0828.jpg
 昔は構内でも繁殖した記録があるみたいです。冬が深まると見られなくなったので、もう少し標高の低いところで過ごしているかも、、、写真は繁殖期に近所の山で見たものなのでさえずっています。本物に出会うと"ちっちゃ"って思います。こんな小さい体なのにさえずりの声量はすごいです

 オオマシコ オス
DPP_1249.jpg
 信州ではこの冬、オオマシコの多い年のようです。それで農学部にも飛来したのかもしれないので、来年からも見れるとは限らないです・・・今のうちにたくさん観察しなければ

 ヤマシギ
DPP_1165_20110215011941.jpg
 いっつも森でじっとしています。誰かが近くを通るとどこかへ行ってしまいます… 夜になったらどこで採食しているのか見てみたいのですが、うまくいかないですね

 ウグイス
DPP_0815.jpg
 構内にはウグイスが好むような藪がほとんど無く、数少ない鳥です。去年は繁殖している様子はありませんでした。以前はもう少しいたと聞いていますが、、藪って嫌われるのか、すぐに手入れされてしまう気がします、部分的にでも残せたらいいのに… って思います。

 キバシリ
_MG_0143.jpg
 この地域では珍しい部類の鳥さんです。キャンパス内でカラ類の混群に入っていたことが何回かありましたが、定着しない様子。。キャンパスでは旅鳥的存在なのかな~  写真はとある繁殖地で撮りました。

 アトリ オス
DPP_1280.jpg
 去年、春先に伊那へ引っ越してきたときにはたくさん見られましたが、今シーズンは10月ごろ渡りと思われる小群を何度か見ただけです。また来年たくさん来てくださ~い。。

 他にマヒワ、ウソ、年によりますがレンジャク類などが見られます。でも写真が無いので、またそのうち紹介します。近いうちに夏編、通年見れる鳥編なども作りたいと思います。   せいいち

 


スポンサーサイト

キャンパスの忍者 ~ヤマシギ~

 きのうキャンパス内で久しぶりに会ったヤマシギ君を、今日も同じ場所で見ることができました。今回は構内で越冬しているヤマシギについておはなしします。


 ヤマシギはキャンパスでは冬のみ見られるようで、11月下旬に飛来を確認しました。その後も観察していると、構内に少なくとも2羽はいる様子でした。見つけるのが難しく、こっちが気付く前に飛んで逃げてしまうこともよくありました。まるで忍者です下の写真は、2羽のうち観察しやすかった方の個体です。いつも置き物状態で全く動きませんでしたが・・・
 
 ヤマシギ
DPP_1158_20110215011941.jpg

DPP_1165_20110215011941.jpg


 しかし残念ながらこの個体、今はもう見ることができません・・・

 ある日のこと、いつもヤマシギが座っている森の地面から大きめの鳥が飛び出す音がしました。しまった!またヤマシギを飛ばしてしまった!!と思ったのですが、飛んでいるその鳥はヤマシギではなくオオタカでした。近くの木に止まり、ときどき構内で見る個体であることを確認できました。そのときある不安が、、、もしやヤマシギを食べていたのではと思いつつ、そのオオタカを観察しました。とりあえず、"そのう"の膨らみは認められず、体に血がついている様子もなかったので、食事中だったという確信は得られませんでした。その後オオタカが出てきたあたりの地面を見ましたが、ヤマシギの羽根などは見つかりませんでした。近くにヤマシギもいない様子で、とりあえずこの日はそれで観察を終えました。

DPP_1175_20110215011940.jpg

 その後そこでヤマシギを見なくなりました。そしてオオタカがいた日の数日後、その近くでヤマシギの羽根2枚を拾いました。しかも1枚は少し血がついていて、何者かに襲われたようです。その後、足まで見つかったのでそれは間違いなさそうです。いつも見ていた個体だっただけに自然の摂理とはいえ複雑な心境でした・・・あの時にやられたのかどうかは今となっては分かりません、、、近くにもっと羽根がたくさん落ちている場所があると思うのですが、探しても見つかりません。しかも今はおそらく積もった雪の下

 ヤマシギ 左が次列風切(約10cm)、右が大雨覆
DPP_1259.jpg

 もう1羽のヤマシギも一時期見られなかったんですが、昨日今日と連続して出会えました。昨日も今日も写真が撮れなかったこともあり、以前に撮った下の写真の個体と同じか確かめられませんでしたが、これからも身近でヤマシギ君に出会えると思うとラッキーって感じです     せいいち

DPP_1183_20110215011940.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。