スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


若いキビタキ

 2011/5/5

 今日は珍しく野鳥を撮っているカメラマンさんに出会いました。この辺で鳥を見ている人に出会うなんて滅多にないですから。

 なんとなくしゃべっている間にいろいろ鳥が現れました。今年、個人的には初めてノジコも確認!

 キビタキ オス
DPP_1729.jpg
 この地域はまだ少し桜が残っています

DPP_1731.jpg
 近くにやってきたので敢えて大写しww第一回冬羽から第一回夏羽に換羽中とはまさしくこのこと?顔や翼をよく見ると、茶色い羽根と黒い羽根が混ざっていたり・・・その境界もはっきり見えます。

 メジロ
DPP_1730.jpg
 夕方なのでちょっと暗い写真に。。

 ゴールデンウィークになって、やっと夏鳥本番の季節になってきたようです。これからカッコウ類やサンコウチョウ、ハチクマなどまだ来ていない夏鳥が見られるのも楽しみですww        せいいち


スポンサーサイト

今度はアカハラ

 2011/4/28

 最近は生協前のベンチに座っていると、いろいろな野鳥が集まってきます。じっとしていれば鳥のほうから近づいてくるので観察、撮影がとてもしやすい

 アカハラ 成鳥オス
DPP_1695.jpg
 草地で採食中。。生協前には鳥たちの餌が多いようです。クロツグミも近くで地面をつついてました。

 成鳥オス?
DPP_1693.jpg
 アカハラも個体差があり、オスとほぼ同色のメスもいるらしい。雌雄の識別も簡単ではなさそう・・・

 メジロ
DPP_1694.jpg
 木に生えたコケをむしって巣材集め!

 キジバト
DPP_1697.jpg
 田舎のキジバトは警戒心が強く、こっちが動くとすぐに逃げてしまいます

DPP_1698.jpg
 近くのソヨゴの木で営巣するようです。

 コムクドリ
DPP_1696.jpg
 巣穴をめぐる争い!上2羽がオス、下の1羽がメスです。今は使われていない木の電柱にて。

 まだ木々も芽吹いたばかりで、渡り途中の小鳥も多く、本格的な繁殖期ほど気を使わなくても大丈夫なので、観察や撮影がしやすいですね。     せいいち



サシバ!でも遠い・・・

 2011/4/12

 日の出の時間から学校にいましたがとても寒い信州はこの時期でも朝はとても冷えるので、寒さ対策には要注意です。寒いせいかあまりさえずりは聞こえず。それでも終わってみれば30種とまずまずでした。

 ハシボゾガラス
DPP_1618.jpg
 構内でも数多く営巣しているようです。カラスもよく観察すると面白いですよ。

DPP_1617.jpg
 別個体です。左翼の初列風切P5が欠損しています。

 メジロ
DPP_1620.jpg
 ネコヤナギ?の密を吸っているメジロ君。ここにはよくヒヨドリやカラ類などが集まります。この時期花や新芽は野鳥にとって貴重な食料です。

 上空を2羽のハシボソガラスに追われる1羽の猛禽がいました。よく見るノスリやオオタカなどとは違った雰囲気。双眼鏡で見るとサシバでしたこの春の初認です。
DPP_1619.jpg
 遠い・・・これサシバ?と突っ込まれてしまいそうですね。でも一応特徴は出ているかと。ただ写真より本物の方が分かりやすかったです。こんな写真でも消去せずに残しておけばあとで識別の練習に使えるのでは?

 伊那谷は多分サシバの繁殖数が少ない地域のようです。去年は結局学校の近くで繁殖地を見つけられませんでした。(特に意識して探したわけではないですが)田んぼと林がモザイク状にある場所も少ないですし。この個体も渡り途中かもしれません。       せいいち


桜&蓮

 2011/3/23

 プチ遠征をしました。と言ってもある方の車に乗せてもらい、案内していただいただけですが。

 とある公園では桜が満開。すこし早い時期に咲く品種のようです。そこには20~30羽ほどのメジロの群れと数名のカメラマンが。桜とメジロというよくある組み合わせです。写真にそこまでこだわるタイプではないですが、せっかくなので桜メジロに挑戦しました。

 メジロ
DPP_1561.jpg

DPP_1560.jpg
 近くで見ると意外と目つきが鋭い?

DPP_1553.jpg
 密を吸っています。メジロの舌は密をなめやすいように毛が生えていて、筆のようになっています。意外と知られてない事実!

DPP_1554.jpg

DPP_1557.jpg
 花粉をいっぱいつけて、正面顔。

DPP_1558.jpg
 なかなかメジロの色が出せなくて難しい・・・

DPP_1559.jpg
 アクロバティックにいろんな体勢で動き回ります。

DPP_1552.jpg
 普段は観察が中心で撮影は記録用、もしくはおまけという感じですから、背景が何であろうと気にしていませんでした。桜にいようが枯れ木にいようがメジロはメジロ。好きな鳥には変わりないですが。(好きじゃない鳥なんて1羽もいないですけど)
 
 ただやっぱりメジロは桜が似合いますね。お世辞にも上手いとは言えませんが、一緒に写せて満足です。
 珍しいわけでも、特別人気がある鳥でもないですが、こういうときはカメラマンがはりきります。普段はあまり注目されることのないメジロ君たち。でも僕はちゃんと見てるから。他にも見てくれている人はたくさんいるから。




 ヒヨドリ
DPP_1556.jpg
 密が好きなのはヒヨちゃんも同じ。例のごとくメジロたちを蹴散らします。そんなに欲張らなくても花はたくさん咲いてるのに。でもそんな姿も微笑ましいです。

 モズ オス
DPP_1555.jpg
 近すぎて枝も被るのでいっそのことドアップに。こいつは密ではなく、その辺にいる虫が好物。かわいい奥さんを連れて子育ての準備中でした。


 少し離れた場所の蓮田にはイソシギ、コチドリ、タシギがいました。シギチがいる蓮田なんて信大のキャンパス付近にはないんです。タシギだけ写せたので載せておきます。

 タシギ
DPP_1551.jpg

 シギチにも手をつけたいんですが信州にいたらなかなか難しいです。実家も愛知の中ではかなり山側なので・・・車もなくてなかなか生息地に出向けないです。内陸でも探すのですが数も種類も限られます。その分山の鳥を堪能しているので贅沢いえないですが。でもそのうち・・・         せいいち

農学部キャンパスの野鳥たち 留鳥編①

 僕は実家にしばらくいて、昆虫担当の二人も石垣で活動していることもあり、話題が信州から離れつつありますので、ちょっと気分を変えて信州大学の野鳥を紹介します。今回は留鳥編です。留鳥と言っても結構移動をしますから、ここでは1年中見られる野鳥として理解してください。

 ヤマガラ
DPP_1305.jpg
 平地ほど数はいませんが、まあよく見られるほうです。校舎付近のどこかに営巣してたようで、授業中でも窓から幼鳥がよく見えたものです。

 ヒガラ
DPP_1309.jpg
 学校は標高約770メートルほどにあり、ヒガラが繁殖しています。でもそれより低いところでは繁殖期にいるのを確認してないので、この地域ではだいたいこの高さがヒガラが繁殖する標高の低さの限界かも。

 オナガ
DPP_1227.jpg
 繁殖はしていませんが、8月に幼鳥の群れがよく見られました。冬季はまれに見られるだけです。構内では珍しい鳥。

 メジロ
DPP_1257.jpg
 冬は少なめですが、繁殖期には数が多いようです。明け方の野鳥たちの大合唱の時もこいつらの声が結構目立ちます。

 スズメ
DPP_1431.jpg
 建物にあいたあちこちの穴に営巣していて、スズメの団地ができていました。

 カワラヒワ オス
DPP_1150.jpg
 街のカワラヒワと違って警戒心が強いです。でもなぜか寮の前のは少し平気そう。

 イカル
DPP_1542.jpg
 繁殖期の終わりから秋にかけては数十羽の群れでやってきます。繁殖もしていそうですが、冬はあまり見かけません。季節により、嘴の色が少し変化します。

 ヒバリ
DPP_0739.jpg
 学校にいると言うか、たまに上空を通過します。近くの農地にたくさんいますので。

 エナガ
_MG_4760.jpg
 シッポを入れない体長では日本最小。そして一番軽い鳥です。具体的な数字は忘れましたが、確か7グラムとかだったかな。

 留鳥はまだまだ種類が多いので、また少しずつ紹介していきますね。ついでに夏鳥、旅鳥、猛禽類編なども考えています。全部終わるまでどれだけかかるか。


 今日もタカ類を観察しに行ったのですが、イマイチ出てくれなくて。あれだけよく出たハイタカは今日は一度も出ず。その代わりノスリの若い個体が何回も登場して、えさを探してくれました。でも風が冷たくて寒く、ほとんどじっとしていただけなのに、やけに疲れちゃいました。      せいいち

まだいました!!

 2011/2/13

 昨日まで降っていた雪もやみ、今日はいい天気で風もあまり無く、気温のわりに暖かい一日でした。でもたまに森の中で風が吹くと、木からたくさん雪が落ちてきてま~たいへん!!雪が地面に残っていて太陽が出ているときには、雪が反射板の役割をして、飛んでいる鳥の色がよく見えます。写真も撮りやすいです。僕は写真があまり得意ではないので、いつもカラスを真っ黒に写していましたが、今日は何とか青空バックに撮ることができました

 ハシボソガラス
DPP_1254.jpg
 こうして見るとカラスも真っ黒ではないですね~~

 雪が解けて土が見えるようなところには、えさを求めて鳥たちが集まってきます。この日はカシラダカ、カワラヒワ、スズメ、ビンズイが一緒になって草の実を食べたり、地面をつついたりしていました。雪のおかげで観察しやすいこともありますが、えさがとれなくなる野鳥にとっては死活問題ですね、、

 ビンズイ
DPP_1255_20110220220835.jpg

 その近くでツグミも何かの実を一生懸命食べていました。
DPP_1238_20110220220734.jpg

 メジロと栗
DPP_1257.jpg
 この時期キャンパス内ではメジロは多くないです。

 やけに白い部分の目立つトビがいました。次列風切までも、、はじめましての個体です。
DPP_1252.jpg

 


 学校内では年明けごろからしばらくオオマシコが見られたんですが、ここのところ見ていません。もうどこかへ行ってしまったのではないかと思っていました。ところが今日、久しぶりに4羽ほどの小さい群れに出会いました。以前に見られた群れなのか、新しくやってきた群れなのかよく分かりませんが、約3週間ぶりだったのでテンションが一気に上がりました赤ピンクがとてもきれいですよね~~

 オオマシコ 成鳥オス
DPP_1240.jpg

DPP_1249.jpg

DPP_1241.jpg

 次からの写真、オスの若鳥なのか雌なのかいまいち自信が持てません、、わかる方いらっしゃいましたらコメント欄にご指摘いたたけるとありがたいです。

DPP_1242.jpg

DPP_1239.jpg




 このあと猛禽類が見たくなり開けた場所で待っていると、運良くオオタカに出会えました。しかも近くから出てきて上昇気流に乗りはじめたので、近くでじっくり観察でき、なんとか写真も撮れましたキャンパス内でよく見られる個体です。

DPP_1237.jpg

DPP_1235.jpg
 
 体下面が白くてとてもきれいそしてカッコ良すぎ

 今日は最近行方不明だったヤマシギ君にも出会えて、終わってみれば32種の野鳥を観察できました。。      せいいち


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。