スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


農学部キャンパスの野鳥たち 冬編③

 信州に帰ってきて今日で二日がたちました。キャンパスの冬鳥はだいぶ減ったようです。カラ類も山に戻ったのか数は少なく、マヒワやオオマシコ、ミヤマホオジロなども見当たりません。今は渡りの時期なので、また別の群れが通過で来ないか期待しています。もしかしたら珍客もあるかもしれませんし。冬鳥が減ったとはいえ、ツグミやカシラダカ、シメなどはまだまだ健在でした。

 キャンパスのシロハラは群れになり、カシラダカはぐせりはじめ、ホオジロやカラ類のさえずりがかなり賑やかに。まだ肌寒いですが、季節は確実に春に近づいています。


 冬鳥ももう終わりなので、で登場しなかった冬鳥を紹介します。

 マヒワ 成鳥オス
DPP_1358.jpg

 メス
DPP_1293.jpg

 今年はマヒワの飛来数の多い年でした。構内ではツキミソウに群がる大きな群れが何度も見られ、楽しませてくれました。

 ヒレンジャク
DPP_1345.jpg

 キレンジャク
DPP_1367.jpg
 レンジャクも当たり年。特にヒレンジャクが目につきますが、よく見ると黄色も混ざっています。

 ビンズイ
DPP_1255_20110220220835.jpg
 秋の渡り期には多く見られましたが、越冬個体は少ないです。林縁や明るい松林でたまに出会う程度。雪が降ると、解けて地面が見える場所にいることが多く、観察しやすいです。

 ウソ メス(写真はたぶんアカウソ)愛知県で撮影
DPP_1470.jpg
 オスの写真がありません。数が少なく構内でもメスしか見たことないので、ウソかアカウソかよく分からないですが。


 お礼

 この休み中、石垣へ行った2人をはじめ、いろんな方に野鳥の羽根を譲っていただきました。最近なかなかコレクションが増えていなかったのでとても助かりました。ありがとうございます。      せいいち


スポンサーサイト

今回は黄色も、、

 2011/2/26

 今日のキャンパス、朝は気温が低めでしたが、天気も良かったので日中は暖かくも感じました。キタテハも飛んでいたり、カシラダカのさえずりも聞こえたり、少しずつですが信州でも春に近づいていますしかし今日は鳥影は少なめでした。それでも最後にラッキーが

 コガラ
DPP_1360.jpg
 数は多くないですが警戒心も強くないので、とても観察しやすいです。学校では冬季しか見られないようですが、、

 シジュウカラ オス
DPP_1366.jpg
 キャンパス内で最もよく出会う鳥のひとつですが、意外にもこのブログ初登場

 マヒワ オス
DPP_1358.jpg

 メス
DPP_1359.jpg
 マヒワは相変わらずたくさんいます。毎回似たような写真になりますが、ついつい撮影

 エナガ
DPP_1363.jpg

DPP_1364.jpg
 オニグルミの樹液やそこについてる菌類?をつついている様子。でも樹液のほうが好きみたいwwこの時期も樹液が出るんですね~~よく数羽の群れでやってきますが、今日はこの2羽だけ。そういえばエナガやカラ類の混群が小さくなってきている気が?


 農学部を象徴するものにゆりの木並木があります。この並木の上を飛ぶムクドリくらいの大きさの鳥の群れが…レンジャクがたくさんいましたこの前構外で見たときは全て"ヒ"のほうでしたが、今日は"キ"のほうも2羽混ざっていました。

 キレンジャク
DPP_1367.jpg

DPP_1368.jpg
 ユリノキのてっぺん付近にいたので高くて遠いです。かなりトリミングをしています。でもとてもラッキーな瞬間でした。

 この前のヒレンジャクの記事

 このブログが始まってかなりハイペースで更新していますが、いつまで続くか・・・とりあえず今は春休み中で時間も話題も多いのでなんとかなりますが、、、明日は実家に帰りま~す。しばらく話題が信州から離れますが、よろしくお願いします。      せいいち

またまたマヒワ!

 2011/2/25

 またか!と思われるかもしれませんが、もう一度マヒワです。今年はマヒワの飛来数が多いようで、今日も50羽以上が群れていました。年によっては全然見られないし、見れるときにたくさん観察、撮影しておかないと相変わらずツキミソウに群がっていました。今日は前よりも数が多く、群れで飛んではまたすぐ同じ場所に戻ってくるというのを繰り返していました。ここのマヒワは案外警戒心が薄く、じっとしているとかなり近くまで来て平気でエサを食べていました。今日は途中から昆虫担当のけんじ君も登場!彼は大学の寮生ですが、寮もなかなか忙しくて大変らしい…

 マヒワ
DPP_1356.jpg

DPP_1354.jpg

DPP_1355.jpg

DPP_1353.jpg

DPP_1352.jpg

 最近キャンパスのある場所で工事が始まり、その近くにいたいつものヤマシギを見なくなりました・・・一体どこで何をしているのだろうか
 
 どんどん大きくなるマヒワの様子を、もっと見続けて行きたいんですが、そろそろ愛知県へ帰省もしないと。。でもそれはそれですごく楽しみww       せいいち

 このマヒワの関連記事

2/22        2/19

もう一度、マヒワ

 2011/2/22

 きのうに引き続き、抜けるような青空にこの前うまく撮れなかったマヒワに再チャレンジ!!思ったとおりキャンパス内のツキミソウがある場所に群れで採食していました。。なんか群れも少し大きくなったよう?前回、オスの若い個体とメスはたくさん撮れたので、今日はオスのきれいな成鳥を中心に撮影。

 マヒワ オス成鳥
DPP_1338_20110224115412.jpg

DPP_1337_20110224115411.jpg
 ちょっと光線が強すぎかもしれませんが、まあ大丈夫かと

 やっぱり成鳥は特別きれいですね~~カワラヒワのきれいさとはまた違うところがあります。それと意外に小さくてかわいい     せいいち

今シーズン最大の群れ!

 2011/2/19

 雪がだいぶ解けてきました。。ここ最近歩く道は雪ばかりで歩きづらく、長靴も穴が開いてしまい使えないので、靴の中がビチョビチョになる毎日、、、しもやけになるのではないかと心配していましたが、なんとか乗り切れそうです

 今日は約1か月半ぶりにミヤマホオジロを見ることができました。オス、メス1羽ずつが一緒に地面などで採食していました。2羽はつがいでしょうか?

 ミヤマホオジロ オス
DPP_1281.jpg

DPP_1284.jpg

 メス
DPP_1285.jpg



 今日のようにベニマシコに出会うこともありますが、なぜかいつもメスが1羽でいます。。

 ベニマシコ メス
DPP_1296.jpg



 きのうこのブログでマヒワの羽根を紹介しました。すると今日は今シーズン1番の数のマヒワの群れに遭遇ちゃんと数えてはいませんが、25羽くらいいたと思います。。

 マヒワ オス
DPP_1288.jpg

DPP_1287.jpg
 上の個体に比べると色が薄めで、わき腹の黒い縦斑もはっきりしています。まだ若い個体かと、、

 第1回冬羽オス?
DPP_1295.jpg

DPP_1290.jpg
 メスにしては色が濃いような気がしたので、最初の冬を迎えたオスだと思いますが、、

 メス
DPP_1293.jpg

 マヒワの群れを見ていると色の濃淡、わき腹の縦斑の入り方などが個体によって様々、、どれがオスでどれがメスで、どれが若い個体なのか、見ていて自信がなくなってきます。上2枚のように頭にオスの特徴が出ているものはいいんですが・・・

 ツキミソウの種子が好きなようですね、、今まではハンノキ類やスギなどの針葉樹の球果に集まるイメージでしたが。確か松本に越してきた2年近く前には、ヤナギ類の花を食べていたこともあったと思います。

 今日は珍しく構内にある農業用のプールみたいな貯水池でカワセミを見かけました。写真を撮らなかったので以前のもので代用します。

 カワセミ オス
DPP_1026.jpg


 それと、同じ場所でアオサギが魚を食べていました。。ここでは水辺の鳥はあまり見られないので、今日はとてもいい日になりました    せいいち



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。