スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


御嶽 野鳥編

 2011/7/29

 昨日はけんじ君が昆虫について書いてくれたので、今日は僕が鳥について書きます。

 御嶽の亜高山帯から高山帯を中心に見回りました。いきなりマミジロのオスが現れ幸先のいいスタート山の上の方にはメボソムシクイ、ビンズイ、ホシガラス、ルリビタキ、ウソなど、高標高でなければ見られない野鳥がたくさんいました。コマドリの声も時どきww

 ビンズイ
DPP_1954.jpg
 6月に霧が峰で会って以来です。ヒバリやミソサザイに似たこのさえずりを聞くと、高い山に来たという実感が沸きます。

 ホシガラス
DPP_1955.jpg
 上のビンズイを見ていたら、そいつを追いやってここに止まりました。

 ウソ オス
DPP_1957.jpg
 突然登山道のすぐ側に出てきて、近すぎてはみ出しました。水浴びの邪魔しちゃったかな?

 よしのり オス
DPP_1956.jpg
 彼は眠かったみたいです。運転お疲れ様!でもむやみにサイドブレーキかけるのやめたほうがいいんじゃ・・・

 高山帯ではイワヒバリ、カヤクグリなどに出会いました。イワヒバリは去年の秋、乗鞍に行って以来の出会い。

 イワヒバリ
DPP_1959.jpg
 意外とでかいんだよなこいつ・・・

DPP_1958.jpg
 夫婦で仲良く高山帯の鳥は、人間をあまり恐がらないやつが多い。

 今回ライチョウには出会えませんでした。見たという登山者もいましたが。信州にいながら未だにライチョウに出会ったことがない・・・       せいいち
 

スポンサーサイト

桜は満開!夏鳥は8分咲き?

 2011/4/24

 きのうの雨風で少し心配でしたが、近所の桜は満開日曜日に合わせてくれて、今日花見を計画していた人はとてもラッキーだったのでは?まあ僕は花より団子より鳥ですから。

 ビンズイ
DPP_1659.jpg
 松林の中で、暖かい春のスポットライトを浴びていました。

 アオジ オス
DPP_1660.jpg
 警戒心が強く、わりと暗めの森でいつもさえずっているアオジ君。構内で撮影できたのは初めてちょっとの間、近くさえずってくれたことに感謝!感謝!

 クロツグミの数が増えてきました!!コサメビタキも今日は10羽ほど確認。渡り中のものもいると思いますが。さらに今季初めてキャンパスでアカハラを発見構内では渡り期にしか見られませんが、近所には繁殖していそうな場所もあります。まだ来ていない夏鳥も多いですが、だいぶ賑やかになってきましたでも夏鳥が満開になるにはもう少しかかるかな?       せいいち

農学部キャンパスの野鳥たち 冬編③

 信州に帰ってきて今日で二日がたちました。キャンパスの冬鳥はだいぶ減ったようです。カラ類も山に戻ったのか数は少なく、マヒワやオオマシコ、ミヤマホオジロなども見当たりません。今は渡りの時期なので、また別の群れが通過で来ないか期待しています。もしかしたら珍客もあるかもしれませんし。冬鳥が減ったとはいえ、ツグミやカシラダカ、シメなどはまだまだ健在でした。

 キャンパスのシロハラは群れになり、カシラダカはぐせりはじめ、ホオジロやカラ類のさえずりがかなり賑やかに。まだ肌寒いですが、季節は確実に春に近づいています。


 冬鳥ももう終わりなので、で登場しなかった冬鳥を紹介します。

 マヒワ 成鳥オス
DPP_1358.jpg

 メス
DPP_1293.jpg

 今年はマヒワの飛来数の多い年でした。構内ではツキミソウに群がる大きな群れが何度も見られ、楽しませてくれました。

 ヒレンジャク
DPP_1345.jpg

 キレンジャク
DPP_1367.jpg
 レンジャクも当たり年。特にヒレンジャクが目につきますが、よく見ると黄色も混ざっています。

 ビンズイ
DPP_1255_20110220220835.jpg
 秋の渡り期には多く見られましたが、越冬個体は少ないです。林縁や明るい松林でたまに出会う程度。雪が降ると、解けて地面が見える場所にいることが多く、観察しやすいです。

 ウソ メス(写真はたぶんアカウソ)愛知県で撮影
DPP_1470.jpg
 オスの写真がありません。数が少なく構内でもメスしか見たことないので、ウソかアカウソかよく分からないですが。


 お礼

 この休み中、石垣へ行った2人をはじめ、いろんな方に野鳥の羽根を譲っていただきました。最近なかなかコレクションが増えていなかったのでとても助かりました。ありがとうございます。      せいいち


まだいました!!

 2011/2/13

 昨日まで降っていた雪もやみ、今日はいい天気で風もあまり無く、気温のわりに暖かい一日でした。でもたまに森の中で風が吹くと、木からたくさん雪が落ちてきてま~たいへん!!雪が地面に残っていて太陽が出ているときには、雪が反射板の役割をして、飛んでいる鳥の色がよく見えます。写真も撮りやすいです。僕は写真があまり得意ではないので、いつもカラスを真っ黒に写していましたが、今日は何とか青空バックに撮ることができました

 ハシボソガラス
DPP_1254.jpg
 こうして見るとカラスも真っ黒ではないですね~~

 雪が解けて土が見えるようなところには、えさを求めて鳥たちが集まってきます。この日はカシラダカ、カワラヒワ、スズメ、ビンズイが一緒になって草の実を食べたり、地面をつついたりしていました。雪のおかげで観察しやすいこともありますが、えさがとれなくなる野鳥にとっては死活問題ですね、、

 ビンズイ
DPP_1255_20110220220835.jpg

 その近くでツグミも何かの実を一生懸命食べていました。
DPP_1238_20110220220734.jpg

 メジロと栗
DPP_1257.jpg
 この時期キャンパス内ではメジロは多くないです。

 やけに白い部分の目立つトビがいました。次列風切までも、、はじめましての個体です。
DPP_1252.jpg

 


 学校内では年明けごろからしばらくオオマシコが見られたんですが、ここのところ見ていません。もうどこかへ行ってしまったのではないかと思っていました。ところが今日、久しぶりに4羽ほどの小さい群れに出会いました。以前に見られた群れなのか、新しくやってきた群れなのかよく分かりませんが、約3週間ぶりだったのでテンションが一気に上がりました赤ピンクがとてもきれいですよね~~

 オオマシコ 成鳥オス
DPP_1240.jpg

DPP_1249.jpg

DPP_1241.jpg

 次からの写真、オスの若鳥なのか雌なのかいまいち自信が持てません、、わかる方いらっしゃいましたらコメント欄にご指摘いたたけるとありがたいです。

DPP_1242.jpg

DPP_1239.jpg




 このあと猛禽類が見たくなり開けた場所で待っていると、運良くオオタカに出会えました。しかも近くから出てきて上昇気流に乗りはじめたので、近くでじっくり観察でき、なんとか写真も撮れましたキャンパス内でよく見られる個体です。

DPP_1237.jpg

DPP_1235.jpg
 
 体下面が白くてとてもきれいそしてカッコ良すぎ

 今日は最近行方不明だったヤマシギ君にも出会えて、終わってみれば32種の野鳥を観察できました。。      せいいち


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。