スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ハチクマももう終わり?

今日ちょっと久しぶりに白樺に行ってきました。小鳥が賑やかで、特にニュウナイスズメの100~200ほどの群れが何度も見られたのはラッキーww

 ハチクマ 成鳥メス
DPP_2109.jpg
昨日はもうハチクマは1羽も飛びませんでした。さすがにもうほとんど見られない時期ですから・・・

 成鳥オス
DPP_2075.jpg
また来年の初夏に渡って来るのを楽しみにしていま~す。

DPP_2112.jpg
だいぶ羽が欠けちゃって・・・飛びにくくないんだろうか?

 成鳥メス
DPP_2108.jpg

 幼鳥
DPP_2107.jpg
今年はハチが多かったらしく、そのうが膨らんでいる個体が目立ちました。

DPP_2106.jpg

 成鳥メス
DPP_2078.jpg

 成鳥オス
DPP_2077.jpg
黒い個体です。いろんなタイプのハチクマがいてとても楽しいww

ノスリ、ツミもだいぶ渡るようになってきて、いよいよ渡りも終盤に差し掛かったって感じ。また次に行けるのが楽しみ。
せいいち

スポンサーサイト

すごい鷹柱!!

先月24日は5000羽を越える鷹が渡った大当たりの日たくさんのサシバが川のように頭上を永遠と流れてくる光景は感動的

 サシバ&ハチクマ
DPP_2084.jpg
普通の鷹柱を撮ると大体こんな感じに写るんですが、この日は・・・

DPP_2085.jpg
松本の街をバックに飛ぶサシバの大集団!!!これぞ白樺峠!!

DPP_2086.jpg
すごい密度でくるくる回る様子は、まるで図鑑などで見るアカハラダカの鷹柱のようこのような見事なサシバの鷹柱は、20年ほどここで観察している方でも滅多に見られないと語るほど

これ全部タカだと思うと、サシバってある意味気持ち悪い鳥ですね・・・もちろんいい意味で、ですが。この鷹柱が崩れ、川のように流れ出したときに数えてみると、大体100羽くらいになりました。写真には何羽くらい写っているでしょうか?まだ数えていないので、よろしければどなたか数えてくれませんか?山バックに飛んでいるものは、少し見にくいと思いますけど。
せいいち

白樺峠中間報告(~9/19) その⑤

サシバがまだちょっと物足りない感じです。白樺では圧倒的に数が出るタカなのに、いまのところハチクマよりはちょっと多いくらいです。台風が去り、サシバがやってくる北のほうまで晴れれば、一気にやってくるとは思うのですが。

 サシバ 成鳥
DPP_2048.jpg
ハチクマに比べると、近くに来てくれる個体は少ないです。

DPP_2063.jpg
けっこうきれいなタカですよね~

DPP_2057.jpg
どこを見ているのでしょう?飛んでいるタカの視線を観察するのも面白いです。

DPP_2044.jpg
大きなタカ柱になる鳥なんですが、いまのところ単独や数羽の小群で渡るものが多いです。

DPP_2043.jpg
まだ30羽以上のサシバのタカ柱って、今年は見ていないかも。

DPP_2054.jpg

DPP_2042.jpg

DPP_2024.jpg

DPP_2025.jpg

DPP_2028.jpg

DPP_2024.jpg

DPP_2041.jpg
自分ではちょっと気に入ってるワンショット

DPP_2059.jpg
珍しい暗色個体。1000羽のうち1羽とかいう話もあるけど今年は既に3羽確認しました。まだ全部で3000羽もサシバは出ていませんけど・・・おそらく1000羽に1羽は言いすぎでは?

 幼鳥
DPP_2049.jpg
お腹は縦縞、虹彩は黒などいくつか成鳥との違いがありますが、その模様が見えなくても成鳥、幼鳥を識別する方法がある???

 サシバ&ハチクマ
DPP_2053.jpg

DPP_2067.jpg
ほとんどハチクマです。タカ柱の撮影って意外と難しいなぁ


白樺峠中間報告(~9/19) その②

ハチクマの渡りは順調で、観察地では近くを通る個体も多いです。これまでに撮ったものを一気に紹介します。

 成鳥メス
DPP_2047.jpg
サシバの渡りよりもゆったりしていて、体も大きくゆっくりめに飛ぶので観察、撮影がしやすいww

 ハチクマ 成鳥オス
DPP_2068.jpg
メスより翼の後縁側、尾羽のバンド(黒い帯)が太く、虹彩は黒いのが普通です。

 成鳥オス
DPP_2065.jpg
暗色型と呼ばれる黒い個体。ハチクマは個体による体色の違いがとても大きい鳥です。これから出てくる写真もよく見ると全然違う模様のものばかり。なぜこんなにも違う必要があるの?

 成鳥オス
DPP_2027.jpg
左右の翼の外側から6番目の羽根(初列風切P5)が換羽中でまだ短いです。秋の渡り期のハチクマ成鳥は、ほとんど換羽中のものばかり。

 成鳥オス
DPP_2045.jpg
この子は尾羽も換羽中。

 幼鳥
DPP_2030.jpg
幼鳥の羽根はまだ新しく、揃っていてきれいwwこの時期換羽中のものはまずいないです。(たまに折れていたりして、換羽しているように見えることはありますが)顔がこちらを向いている・・・

 成鳥メス
DPP_2035.jpg
首が長く、顔が小さいのもハチクマの特徴。

 成鳥メス
DPP_2034.jpg
今年はハチクマの大好物、スズメバチ類が豊作だったからか、そのう(喉の下あたり)が膨らんでいる個体が多いです。

 成鳥メス
DPP_2040.jpg
こいつのそのうもちょっと膨らんでる・・・

 成鳥メス
DPP_2033.jpg
またこの子もww食べて体力をつけていってくれい!!

 成鳥メス
DPP_2066.jpg
それにしても蜂が好物のタカなんて、ちょっと変わっていますよね?

 成鳥メス
DPP_2056.jpg
なんかメスのほうがよく写真が撮れるなぁ~~

 成鳥メス
DPP_2039.jpg
オスよりもメスの顔のほうがちょっと恐い??

 成鳥メス
DPP_2058.jpg
上昇気流に乗り遥か高くを飛ぶものもいれば、羽ばたきながら目線の高さを飛ぶものも。

 成鳥メス
DPP_2064.jpg
山をバックに撮るのは難しいなぁ~~

 成鳥メス
DPP_2032.jpg
近くを飛ぶものはなるべく撮影して、足環などの標識がついていないかを見ています。今年はまだ見つかってないですが。もしそういったタカを撮影されましたら、研究機関などに問い合わせてくださいね。

せいいち


白樺峠中間報告(~9/19) その①

少し遅れ気味かもしれませんが、白樺を渡るタカの数もだいぶ増えてきました。でもここまでサシバの数が伸びていないのがちょっと気がかり。携帯から毎晩簡単に内容を報告していましたが、いつも文章だけなのでこれから写真で紹介します。

 サシバ 成鳥
DPP_2019.jpg
鷹の渡りの主役といえばやはりこの鳥?

DPP_2020.jpg

 ハチクマ 成鳥オス
DPP_2021.jpg
白樺はハチクマが多く見られるのも人気の理由かも。

 成鳥メス
DPP_2023.jpg
遠くからだんだん近づいてきて、僕らを避けるかのようにどんどん上昇気流に乗っていく・・・渡ってくるタカはたくさんいるけど、近くまで来てじっくり見れたり、写真を撮ったりできるのはごくわずか。でも遠くを飛ぶのを見ているだけでもとても楽しいww

 幼鳥
DPP_2022.jpg
幼鳥の雌雄を見分けるのは至難の業・・・

 成鳥メス
DPP_2037.jpg
たまにすごく近くに来るやつがいると、もう心臓が爆発しそうになるほどドキドキ        せいいち

ハチクマ夫婦&アマツバメ2種

 2011/7/24

 昨日とは違う場所でまた空を眺めていました。そこは先週ハチクマに出会っているので、今日もそれを期待してのこと。曇り空だったのでわりと涼しく、快適に過ごせたのがラッキー。。

CA390841.jpg
 こんな道を自転車で走りながら向こうの山のふもとのポイントを目指します。双眼鏡、スコープ、望遠レンズ、椅子を担いで坂道を登るのは結構疲れます

 ツバメ、アマツバメの群れに囲まれました。
DPP_1946.jpg
 タカ柱ならぬツバメ柱状態これでも群れの一部だけです。

 アマツバメ
DPP_1952.jpg
 昨日よりはましに撮れたつもり・・・

 ハリオアマツバメ
DPP_1945.jpg
 今日はハリオ君もよく見れました。ツバメよりだいぶ大きいアマツバメよりもさらにデカイもしかしたら昨日のアマツバメの大群にも混ざっていたかも?

 期待していたハチクマが今日は大当たり!

 ハチクマ 成鳥オス
DPP_1950.jpg
 同じところを行ったり来たり。やっぱり以前に○○公園で出会った個体とは違う気がする。お腹の色も薄いし。このあとオオタカ成鳥に追っかけられて、山にお帰りになりましたww

 成鳥メス
DPP_1951.jpg
 オスは何度も出てきますが、メスはこの一度だけ。オスと2羽で舞っていたんですが、離れすぎで一緒に撮れず。翼の後縁とシッポの黒いバンドがオスよりだいぶ細いのが特徴。

DPP_1948.jpg
 アマツバメとニアミス?いえいえハチクマの方がずっと高い場所を飛んでいます。

 昨日に引き続き今日もハチクマがよく見れ、ハチクマづくし?の週末となりました。おまけに帰り道でアオバトの群れとハヤブサにも出会えて、いい気分で新しい週を迎えられそうです。        せいいち

ミニ探鳥会

 2011/6/19

 午前中、以前の探鳥会で知り合った方数名と一緒に、ある公園内を散策しました。

 ホオジロ オス
DPP_1852.jpg
 最初に見られたのはこのホオジロ君。いい場所に止まってくれて、しっかりその姿を観察できました。

 途中、アオバトやコサメビタキ、キビタキやキバシリなどの姿、声を楽しむことができ、最後にはハチクマも登場!!

 ハチクマ 成鳥オス
DPP_1853.jpg


 なかなか鳥見初心者の方には、野鳥を見つけ双眼鏡で捉えたり、姿や声で識別するのは難しいようでした。僕も鳥を見始めたときはそんな感じだったな~と思い出すいい機会になりました。       せいいち


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。