スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


上伊那のブナ林

2011.11.3

僕が所属する予定の研究室の皆さんと一緒に、黒沢山というところにあるブナ林を見に行ってきました。信州ではブナ林というと雪の多い北の地域には多く見られますが、南信の雪の少ない伊那付近では貴重な存在ww限られた場所にしかないみたいです。

ブナ林までは結構長い道のり。その途中にも色々観察できました。

 キオビクロスズメバチ
CA3I0068.jpg
山地で暮らすちょっと珍しいスズメバチww宿敵、阪神タイガースみたいな模様だけど、とてもきれいww

CA3I0067.jpg
おとといシダクロスズメバチに刺されたことを思い出してしまった・・・

CA3I0071.jpg
いつの間にかこんなに登っていました。でも涼しくて快適な山歩きだったためかあまり疲れは感じずww

途中アトリの群れやキクイタダキの混じったカラ類の混群、クロジやカシラダカなどの鳥も見ながら進んでいき、藪こぎの末にたどり着いたブナの森。
CA3I0073.jpg
林床はササに覆われ、北信で見たブナ林とはちょっと違った雰囲気。奥の斜面はほとんどがカラマツ林。

CA3I0072.jpg
中にはこんな巨木もあります。いったい樹齢は何年くらい?

CA3I0076.jpg
こんなすごい形のブナもよくこんな状態で枯れないですね~~

CA3I0075.jpg
大きなブナとツーショット!

ブナにはたくさんの樹洞があり、フクロウの仲間が使っていないかなと期待してしまう。今度は鳥の繁殖期に来て見たいな~~夜もここで過ごせば、もしかしてコノハズクなんかに出会えないかな~~

せいいち


スポンサーサイト

油断大敵!!!

2011/11/1

さっき近所のグリンファームといういろいろなものを売っているお店へ行ってきました。最近はこの時期に採れたクロスズメバチの幼虫や蛹、成虫を巣ごと売ってあります。けっこういいお値段しますね~~

おとなしいハチなのでこのように手に乗せて遊んでいました。

CA3I0062.jpg
たぶんシダクロスズメバチ。とってもかわいい(^^)ちょっと大きかったのでもしかして新女王かも?

CA3I0063.jpg
ハチも手乗りに出来るんですね~~~


しばらく手の上で散歩させたり体中を這わせたりしていて他の事に気をとられていると、ハチがどこに行ったか行方不明に・・・そして手首付近にチクッと痛みが・・・


CA3I0064.jpg
うっかりして刺されてしまいましたなんか蚊に刺されたときとほとんど同じに見えてしまう・・・保健室か病院に行くべきか迷いましたが、痛みも引きはじめたし面倒くさいのでやめました(笑)この後もう少し腫れましたが、今はだいぶマシになって一安心

ハチに刺されたのは小学生のとき以来wwみなさんもハチに触りたくなったときは注意してやさしく扱い、見失わないように気をつけてくださいね~~
せいいち

蜂の巣探し!

2011.10.14

大きそうなクロスズメバチの巣が構内にありました。これでキャンパスでクロスズメの巣は2つ目。ひとつはもう既に先生が獲ってしまいましたが。

PAP_0006.jpg
これが巣の入り口です。いわゆる地蜂の仲間なので地中に巣があります。携帯で撮ったので画質が悪いのが残念。

PAP_0007.jpg
働き蜂の出入りが激しい。この巣はわりとでかそうです。こんなに携帯を近づけても襲ってこないおとなしいハチでした。でも時どき体にまとわりつくやつがいてドキっとします

PAP_0004.jpg
他にも巣がないか??ということで鶏肉を仕掛けハチをおびき寄せました。こうやって目印つきの鶏肉を持たせ、巣に帰るのを追いかけるというわけです。しかしこのハチたち、いつも肉と目印を大あごで引き離してから持って行ってしまうので巣まで追えず・・・肉だけ持っていかれて目印が地面に落ちているのを見て悲しくなりました・・・また作戦を練り直さなければ!農学部にはこういうのが好きな先生が約一名いらっしゃるので、今度コツを聞いてみようかな~

PAP_0005.jpg
写真では分かりにくいですがシダクロスズメバチのようですね。スズメバチといいながら小さくておとなしい。よく見るとすごく可愛かったですよ~~
せいいち


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。