スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


尾なし!

2012.3.12

熊本で出会ったカラス君・・・シッポが一枚もないのにちゃんと飛んでいた

~ハシボソガラス~
DPP_2546.jpg
生え換わりでこうなることってあるんでしょうか?
それとも猛禽類なんかにつかまれて,ごっそり抜けてしまったのか??

尾羽って風切なんかと比べるとかなり抜けやすいんですよね~~
タカに尾を捕まれたとき,抜けないほうが問題なのかも・・・
抜ければまだ逃げられるチャンスもあるし^^
ある意味トカゲのシッポみたいな役割があったりして
鳥を見ていてシッポのない野鳥を見ることって結構多かったりしますよ(^o^)
でもやっぱり飛びにくいんだろうな~~


せいいち




スポンサーサイト

カラスの親子

 2011/6/19

 二日前の出来事。

 カラスの幼鳥が地面で餌を探していました。すると近くの枝までやってきて休憩?し始めました。

DPP_1854.jpg
 目の虹彩部分がやや青味がかるのは巣立ってすぐの幼鳥の特徴です。写真では分かりにくいですが、幼鳥は新しい羽根が生え揃ったばかりなので、毛並みがきれいなことも参考になります。成鳥はたいてい羽根が抜けていたり、こすれてボロくなっていることが多いです。カラスに限らず、大きめの鳥では意外と使えます。

DPP_1855.jpg
 親が帰ってきました。(父親か母親かは不明)口の中が赤いのも幼鳥ならでは。

DPP_1856.jpg
 もう必死っっ・・・

DPP_1857.jpg
 もらい終わっても、まだ物足りないんでしょうか?しばらくこんな感じでおねだり。

 ひとつクイズです。
 この地ではハシボソガラスとハシブトガラスが繁殖していますが、この個体はどちらでしょう?ちなみに成鳥と幼鳥の違いは両種も似たようなもんです。答えは次回の更新でww         せいいち


サシバ!でも遠い・・・

 2011/4/12

 日の出の時間から学校にいましたがとても寒い信州はこの時期でも朝はとても冷えるので、寒さ対策には要注意です。寒いせいかあまりさえずりは聞こえず。それでも終わってみれば30種とまずまずでした。

 ハシボゾガラス
DPP_1618.jpg
 構内でも数多く営巣しているようです。カラスもよく観察すると面白いですよ。

DPP_1617.jpg
 別個体です。左翼の初列風切P5が欠損しています。

 メジロ
DPP_1620.jpg
 ネコヤナギ?の密を吸っているメジロ君。ここにはよくヒヨドリやカラ類などが集まります。この時期花や新芽は野鳥にとって貴重な食料です。

 上空を2羽のハシボソガラスに追われる1羽の猛禽がいました。よく見るノスリやオオタカなどとは違った雰囲気。双眼鏡で見るとサシバでしたこの春の初認です。
DPP_1619.jpg
 遠い・・・これサシバ?と突っ込まれてしまいそうですね。でも一応特徴は出ているかと。ただ写真より本物の方が分かりやすかったです。こんな写真でも消去せずに残しておけばあとで識別の練習に使えるのでは?

 伊那谷は多分サシバの繁殖数が少ない地域のようです。去年は結局学校の近くで繁殖地を見つけられませんでした。(特に意識して探したわけではないですが)田んぼと林がモザイク状にある場所も少ないですし。この個体も渡り途中かもしれません。       せいいち


けんか?それとも遊んでる?

 2011/3/24

 高校3年生のクラスの同窓会がありました。卒業してから2年が経ちますが、みんなあんまり変わんないです。長い休みには必ずといいほど同窓会をやっていますが、こういう時間はとても貴重で、今日もとても楽しかったです。今からもう次回が楽しみ。


 同窓会の前にはいつもの山際の田んぼで観察。ノスリがけっこう渡りました。渡りのノスリ5羽の群れにハイタカが突っかかったり、ここにいつもいる若ノスリにハシボソガラスがちょっかいをかけたり。

 ノスリ 若鳥
DPP_1565.jpg
 風上に向かってほとんど羽ばたかずに空中停止。この辺のタカではノスリがよくやる行動です。えさを探しています。

DPP_1567.jpg
 ずっとこのハシボソ君ににいじめられていたノスリの若鳥。あるとき堪忍袋の緒が切れたのか突然逆襲を始めました。さずがのカラスもビビッて逃げています。なんか子供の喧嘩みたい?カラスはただタカに襲われにくいようにモビングしているだけでなく、実は遊んでいたりするのかもしれません。恐いもの見たさと言うか度胸試しと言うか。鳥は頭のいい動物だし、その中でもカラスは特に知能が高いはずなので、そういうことを考えているとしても不思議ではないと思います。


 オオタカ成鳥が2羽一緒に飛んでいました。最初はつがいかと思っていたのですが、飛んでいるのは両方オスのよう。雌雄の識別は簡単ではないので怪しいですが。特に争う様子はありませんでしたが、つがいで仲良くという感じではなく、少し離れて飛んでました。すると飛んでいる2羽の下のほうからオオタカのメスの警戒声が聞こえてきて、成鳥メスが登場。一時は3羽が舞っていましたが、すぐに山の向こうへと姿を消しました。それから数分後、山の反対側からまたオオタカ成鳥(たぶんメス)が飛んできました。方向が全く逆で、時間の間隔も短かったのでさっきの3羽とは別個体の可能性が高いです。いったいどうなっているんだ?って感じです。雌雄の識別は100%の自信はありませんが、少なくともハイタカなどとは間違えてないはず。
 つがいの縄張りによそのオオタカが進入して、つがいが警戒したんでしょうか?4羽目の個体はもしかしたら前の3羽のうちのどれかかもしれませんが、今となってはどっちとも言い切れないです。ここは縄張りの境界付近なのかも。それとも渡り途中の個体でしょうか?そういえば2年前の同じ時期に2羽ずつ、合わせて4羽のオオタカが舞っていたこともありました。個体識別は難しいし、それができるほど近くを飛んでくれなし。時間が合ったら巣を探してみたいですが、信州に戻る日も近づいてきています。

 オオタカ 成鳥メス
DPP_1562.jpg
 3羽舞ったとき以外にも、今日は何回も出てくれました。このときだけは少し近かったです。それでも限界までトリミングしてあります。


 ヒバリ 行動からオス
DPP_1563.jpg
 なかなか上手く撮れません。まあいいっか。

 ケリ
DPP_1564.jpg
 ここではなかなか近づけない鳥ですが、気付いたら目の前にいました。警戒心が解けた瞬間?目がすんごい赤いですね~花粉症で充血してんの??

 ケリも信州ではほとんど出会えないですからね~信州に戻る前に、しばらくのお別れを言わなくては・・・     せいいち


まだいました!!

 2011/2/13

 昨日まで降っていた雪もやみ、今日はいい天気で風もあまり無く、気温のわりに暖かい一日でした。でもたまに森の中で風が吹くと、木からたくさん雪が落ちてきてま~たいへん!!雪が地面に残っていて太陽が出ているときには、雪が反射板の役割をして、飛んでいる鳥の色がよく見えます。写真も撮りやすいです。僕は写真があまり得意ではないので、いつもカラスを真っ黒に写していましたが、今日は何とか青空バックに撮ることができました

 ハシボソガラス
DPP_1254.jpg
 こうして見るとカラスも真っ黒ではないですね~~

 雪が解けて土が見えるようなところには、えさを求めて鳥たちが集まってきます。この日はカシラダカ、カワラヒワ、スズメ、ビンズイが一緒になって草の実を食べたり、地面をつついたりしていました。雪のおかげで観察しやすいこともありますが、えさがとれなくなる野鳥にとっては死活問題ですね、、

 ビンズイ
DPP_1255_20110220220835.jpg

 その近くでツグミも何かの実を一生懸命食べていました。
DPP_1238_20110220220734.jpg

 メジロと栗
DPP_1257.jpg
 この時期キャンパス内ではメジロは多くないです。

 やけに白い部分の目立つトビがいました。次列風切までも、、はじめましての個体です。
DPP_1252.jpg

 


 学校内では年明けごろからしばらくオオマシコが見られたんですが、ここのところ見ていません。もうどこかへ行ってしまったのではないかと思っていました。ところが今日、久しぶりに4羽ほどの小さい群れに出会いました。以前に見られた群れなのか、新しくやってきた群れなのかよく分かりませんが、約3週間ぶりだったのでテンションが一気に上がりました赤ピンクがとてもきれいですよね~~

 オオマシコ 成鳥オス
DPP_1240.jpg

DPP_1249.jpg

DPP_1241.jpg

 次からの写真、オスの若鳥なのか雌なのかいまいち自信が持てません、、わかる方いらっしゃいましたらコメント欄にご指摘いたたけるとありがたいです。

DPP_1242.jpg

DPP_1239.jpg




 このあと猛禽類が見たくなり開けた場所で待っていると、運良くオオタカに出会えました。しかも近くから出てきて上昇気流に乗りはじめたので、近くでじっくり観察でき、なんとか写真も撮れましたキャンパス内でよく見られる個体です。

DPP_1237.jpg

DPP_1235.jpg
 
 体下面が白くてとてもきれいそしてカッコ良すぎ

 今日は最近行方不明だったヤマシギ君にも出会えて、終わってみれば32種の野鳥を観察できました。。      せいいち


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。