スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


霧の中の渡り

2012.5.2

竜飛が霧に包まれたときも,鷹たちの渡りは続きました^^

~ハイタカ~ 成鳥メス
DPP_2699.jpg
なんか曇ったレンズで撮ったみたい(笑)

若鳥オス
DPP_2700.jpg
みんな岬の辺りを行ったり来たり・・・
なかなかこの海を越える覚悟が決められないのでしょうか
だったらその辺に止まって休んでたほうがいい気がするけどww

~ノスリ~ 若鳥
DPP_2701.jpg
この時期のノスリはほとんどこの場所を換羽している・・・

~ハヤブサ~
DPP_2642.jpg
ここに棲みついているから毎日のように会えました^^

このときもしばらく霧でほとんど近くしか見えなかったんですが,
時にはこれが2,3日続くこともあるとか


せいいち





スポンサーサイト

3年半ぶり!!

2012.3.29

もうだいぶ前のこと,久しぶりにお腹の赤いハイタカが撮れました

~ハイタカ~ 成鳥オス
DPP_2583.jpg
お腹が赤いのはオスの特徴だけど,メスでも赤いのが結構いるみたい^^

DPP_2584.jpg
虹彩の色が赤っぽい

DPP_2585.jpg
喉に縦線があるな~~




~ノスリ~ 
DPP_2581.jpg
この子はよく近くに来てくれる

DPP_2582.jpg
ノスリには青空が一番似合うと思う☆


ミスチルが3年半ぶりにシングルのCDを出してくれました
このバンドは最新の曲がいつも最良だと勝手に思っています^^
ファンになってまだ数年しかたっていないので,
あんまり生意気言うと,他のファンに怒られちゃう??
よかったら聴いてみてくださ~~い
あんまりよくないかもしれないけど,Youtubeとかで聴けるし・・・


せいいち


やっと見れるようになった。

2012.1.13

年が変わり信州に戻ってみると、色んなところでツグミを見れるようになっていました。。

ツグミ
DPP_2323.jpg
今シーズンカメラに収められたのはこれが初めてそれだけこの冬は見れない鳥のひとつ。
だいぶ数は増えてきたとは言え、まだまだ例年よりもだいぶ少なく寂しい

ノスリ
DPP_2324.jpg
モズを探していたら電線にいるのを発見!!


今朝起きたら外は雪景色いつものスキー場の雪のようなパウダースノーではなく、地元の雪のようなベタベタ雪・・・
明日は安曇野に行く用事があるけれど、道路は大丈夫かな~~

せいいち

近くてビックリww

2012.1.10

キャンパス内を歩いていて、背後に何かの大きな鳥が止まった音が・・・
振り返ると、なんとノスリが目の前の木の枝に止まってました

僕の目からノスリまでの距離は3メートルなかったと思います。
これにはちょっとビックリ!!目の前で見る大きなタカは迫力ありますね~~

向こうもビックリしたようで、1分間ほどにらめっこ状態(^^)
その後ちょっと離れた場所に飛んだ後の写真です。
カメラを車に置いてきてしまったので、慌ててとりに行き撮影しました。

ノスリ 成鳥
DPP_2305.jpg
こんな近くでとまっている成鳥を撮れたのは初めてのこと。幼鳥には警戒心の薄いものもいますが、それでもそんなしょっちゅうあることではないはず。

_MG_3909.jpg
幸いズームレンズだったので、ちょっと引いて縦位置でもパシャリ

_MG_3910.jpg
縦位置で撮ろうと思えるほどの余裕があるなんて、ちょっと幸せ。

_MG_3911.jpg
そういえば去年の1月、ちょうど1年ほど前にこんな感じでフクロウに出会ったな~~

DPP_2306.jpg
あまりこちらを恐がることなく、全く飛ぶ気配がなかったので電話で友達を呼ぼうとしたんですが、カラスに見つかってしまい追われてサヨナラしちゃいました
出来れば飛び立つ瞬間を撮れればよかったけど。

相変わらずこの冬は野鳥の少ないキャンパスとなっていますが、それでもこんなのがいくつもウロウロしているなんて,
やっぱり環境には恵まれています。

せいいち

コチョウゲンに会った!!

2011/12/27

片道1時間半ほど車を走らせ、以前に○○○ズクで話題になった場所へ行ってきました。
○○○ズクには会えませんでしたが、それなりにたくさんの野鳥が見られ楽しい一日

ふと電柱に目をやると・・・

コチョウゲンボウ 幼鳥?メス?
DPP_2283.jpg
止まっているコチョウゲンを見たのは多分10ヶ月ぶりくらい。
チョウゲンボウより数が少なく、僕の住んでいる地域ではちょっと探さないと見つからない鳥さんです。今日はこれだけでも外に出た甲斐がありました\(^ー^)/

DPP_2284.jpg
なかなか飛んでいるところが上手く撮れなくて、いつも悔しい思いをします・・・

DPP_2285.jpg
チョウゲンボウに比べ尾や翼が短く、羽ばたきも力強い印象。初列風切上面の細かい斑が見えたら、チョウゲンボウとも識別しやすいです。

今日は他にもオオタカやハイタカ、ミサゴやノスリを何度も観察でき、冬のこの時期らしいタカたちの姿を満喫できました。

オオタカ
DPP_2286.jpg
2羽でそこそこ近くを飛んだのですが、一緒には写せず。。

DPP_2287.jpg
今日は少なくとも4羽のオオタカを観察!!

ノスリ 成鳥
DPP_2288.jpg
カモにちょっかいを出しましたが、あまり相手にされず、ちょっと情けないノスリ君。
「だって僕の好物はネズミみたいな小型哺乳類なんだから、しょうがないじゃんo(^0^)o」とでも言っている?

せいいち

トップ3

2011/12/11

今年は冬鳥、特に冬の小鳥類が少なく、今のところちょっと寂しい冬になっていますね。
ツグミやルリビタキ、カシラダカなど、いつもなら意識せずとも一日に何度も見られる鳥に、一回も会えない日があるほど・・・
暖かいせいでまだ山から降りてきていないだけかと一時は思ってましたが、なんかそれだけでは済まされないような・・・
冬に信州の山でアオバトやアオジがいるのを見ると、確かにちょっと高い山に残っている鳥がまだたくさんいるのかな?と思えなくもないけど。


それでも冬の猛禽類は例年通り見ることができます。
小鳥が少ないので、時間を持て余したくなければ、そういった野鳥を中心に観察するのも悪くないかも?

ハイタカ
DPP_2280.jpg
このブログで一番頻繁に出てくる野鳥です。
餌となる小鳥類は全体に少ないけど、大丈夫なの

オオタカ 幼鳥
DPP_2282.jpg
2位はこのオオタカ!でも最近は首位のハイタカにちょっと差をつけられている。。

ノスリ 成鳥
DPP_2281.jpg
そしてノスリは第3位気付けばトップ3は全てタカ類

野鳥の中でもタカ類が特別に好きっていうことはないんですが、なんかこのブログ、タカ類の出現頻度が高いんですよね~
最近は双眼スコープを作ったために、開けた場所にじっと座って鳥を待っている時間が増えたことも大きいかも。
それにタカが近くに現れると”今がチャンス”みたいな気分になってカメラを向けたくなりますし。
タカを近く撮るチャンスってなかなかないと思っていたけど、意外とあるんですね~~

せいいち

白樺峠はもう通行止め

白樺峠に至る林道は確か今日から冬季通行止めで、タカ見の広場も定点観察も今シーズンは終わりです。きっとまだ渡りは続いているはずですが。11月は一度も行けなかったのは残念でしたが、今季、特に9月はたくさんのタカを見ることができ、いろんな人との出会いもあり、とても貴重な経験ができました。

ノスリ 成鳥
DPP_2180.jpg
ぽっちゃり系のタカの代表選手?

幼鳥
DPP_2162.jpg
成鳥の虹彩は暗色ですが、幼鳥は白っぽいのが特徴です。

DPP_2179.jpg
体の大きなこのタカの渡りもなかなかの迫力でした!!

せいいち

白樺峠中間報告(~9/19) その③

ノスリが順調に渡りはじめています。本来はサシバ、ハチクマよりも遅れて数が増えだすんですが、今年は早い時期から飛びはじめています。例年より早かった去年よりも早いそうです。何がノスリたちをせかすんでしょう・・・

 ノスリ 成鳥
DPP_2051.jpg
渡り観察が始まったころ、渡らないで白樺に住み着いているノスリばかりを見ていましたが、すぐに渡る個体が目立ちはじめました。

DPP_2055.jpg
両翼の外から3番目の羽根が換羽中でまだ短い。

 幼鳥
DPP_2026.jpg
まだ数は多くないものの、成鳥も幼鳥も、サシバやハチクマに負けじと本格的に渡っています。

 成鳥
DPP_2052.jpg
近年増加傾向が伺われるノスリ。今年はどんな渡りを見せてくれるんだろう?

せいいち

暑い日、タカの日

 2011/7/17

 お昼前にある方からオオタカ幼鳥が出たと連絡をいただいたので、気になってそこへ行き、夕方まで一緒に観察しました。暑い中お疲れ様ですおかげさまでたくさんのタカ類を観察できました。ありがとうございます。

 到着してすぐノスリ成鳥、オオタカ成鳥、トビがよく現れてくれて、楽しく時間が過ぎていきました。そして気になっていたオオタカ幼鳥も登場!

 オオタカ 幼鳥
DPP_1933.jpg
 限界までトリミング。成鳥とは全く別の鳥に見えますね。オオタカ成鳥よりもむしろサシバに似てると思うのは僕だけ?

DPP_1931.jpg
 もう1羽登場!!おそらく彼らは兄弟でしょう。近くに営巣地があるのでそこの子か、あるいは別の子か・・・

DPP_1932.jpg
 仲が良いのか悪いのか、時々相手の体をつかんでみたり、ちょっかいをかけてみたり。

DPP_1934.jpg
 たとえ兄弟だとしても、これからは自然界での生き残りをかけたライバル同士か~うちの○○兄弟はどうでしょう?

 この子らを見ていたら、突然目の前にノスリが現れました。

 ノスリ 成鳥
DPP_1935.jpg
 せっかくすぐ側を飛んだのに、思いっきり逆光だなんて・・・意地悪だな~~

DPP_1936.jpg
 こんな逆光でも、模様や羽根の抜け具合が分かり、個体識別に役立つ貴重な写真。


 それにしても昨日、今日は、タカ類がたくさん見られるいい二日間でした。今日は最後にツミも見られ、昨日はハチクマやチョウゲンボウ、たくさんのノスリに出会いました。ただとても日差しがきつく、日焼けもしてシャワーのとき痛くてびっくり!!でもこんな日のジュースはおいしいし、今はそうめんを食べて涼んでいます。いよいよ夏本番!夏休みも近づいてきました。        せいいち

兄弟

 2011/7/16

 キャンパスのノスリが巣立って元気に飛び回っていました。雛は2羽確認していましたが、今日2羽幼鳥が見られたので、2羽とも無事に育ったようでよかった実はもうひとつ巣がありますが、そちらは繁殖がやや遅く始まったので、まだ巣の中にいる様子でした。

 ノスリ 幼鳥
DPP_1926.jpg
 2羽でちょっかいを掛け合いながら、うろついていました。

DPP_1927.jpg
 一度森の向こうに消えたと思ったら、しばらくして突然目の前に現れびっくり!!幼鳥とはいえ、やっぱりタカ類の風格はあります。

DPP_1924.jpg
 幼鳥はやっぱりきれいですね~~羽根がみんな新しいですからww

 成鳥
DPP_1923.jpg
 こちらは親鳥。おそらくこの子らの親だと思いますが、もしかしたら隣の巣にいるやつかも?早い時期に個体識別をしておくべきだったかもしれないですが、どうしても営巣地の観察、撮影は遠慮してしまうものです。

 成鳥と幼鳥、似ているようで全然違いますね。特に翼の後縁のラインが揃っていてきれい。ノスリに限らず、大きめのタカでは識別の大きな手がかりになります。       せいいち



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。