スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


熱が・・・

 きのうの夕方あたりから体調が悪く感じ、今朝測ってみると熱がちょっと位の熱なら学校に行くのですが、結構上がってしまったので休んでしまいました。でも予定された実習も雨で中止になったのは少し助かりました。実習を休むのはちょっとエラいので・・・

 昼間ほとんど寝ていたので夕方になり大分良くなりました。昼寝しすぎて今全く寝れないのでブログを更新します。最近構内で咲いている花を少し紹介します。

 ヤマブキ
DPP_1758.jpg
 鮮やかな黄色の花桜と同じバラ科で離弁花、花びらは5枚。

 ニリンソウ
DPP_1756.jpg
 僕にとって大好きな花です

DPP_1757.jpg
 構内に大群生はありませんが、それでも存在感十分!!

DPP_1755.jpg

DPP_1754.jpg
 花びらの数は一定ではなく、5から9枚ぐらいにバラけます。

 シロバナタンポポ
DPP_1752.jpg
 初めての人は白いタンポポに驚くかも知れません。暖かい地方に多い花で九州などではかなり普通らしい。寒い信州にもあるのは温暖化のせい?でも何でもかんでも温暖化のせいにするのもちょっとね・・・

 フデリンドウ
DPP_1753.jpg
 地元愛知県では湿地に生えるハルリンドウが普通でしたが、信州では明るい林床や裸地に生えるこっちが主流のよう。

 構内のフデリンドウはよく盗掘されます。去年もたくさん咲いていたこの花が、枯れるのを待たずにほとんどなくなりました小さくてかわいいこのきれいな花を、自分のもとに置いておきたい気持ちも分からなくはないですが、そこは少し我慢して、自然に生える野草を楽しめる気持ちを持ってもらえればなぁ~~        せいいち


スポンサーサイト

花がいっぱい!!

 2011/5/6

 午前中は学校で散策し、午後からは同じ学科の井○くんを連れて小○川へ行ってきました。午後からということ、夏鳥が少し遅れていることもあり野鳥はそれほど多くはなかったですが、その分この時期らしい植物をたくさん観察できました。

 まだありましたフクジュソウ
DPP_1732.jpg
 田んぼの土手に群生してました。

 イチリンソウ
DPP_1734.jpg
 先日構内になぜか生えている(移植した?)のを紹介しましたが、こちらは自然に生えていたもののようです。

DPP_1735.jpg
 ミヤマキケマンかな?白い花はクリンユキフデ。

 コクサギ
DPP_1736.jpg
 葉が2枚ずつ互生するのが特徴的。これにはとあるきれいな蝶が・・・

DPP_1739.jpg
 ニリンソウの大群生が林道沿いにずっと続きます。すごい場所はもっとすごかったです。

DPP_1737.jpg
 天然の酵母らしいです。あ~なんかきもい

 ラショウモンカズラ
DPP_1738.jpg
 ちょっと小さめの株。大きいものは花が少し早かったので。

 エイザンスミレ
DPP_1741.jpg
 図鑑によればこのように葉が切れ込むスミレは、これとヒゴスミレの2種だけらしい。

 エンレイソウ
DPP_1733.jpg
 ユリ科の植物。

DPP_1740.jpg
 ユリ科は3数生といって、葉などの枚数が3やその倍数だけあります。写真を見ると葉や花びらが3枚、雄しべは6枚。 

 シロバナエンレイソウ
DPP_1742.jpg
 品があってなかなかきれいです。雌しべは3本ですね。

 他にもカタクリやアズマイチゲ、ヤマエンゴサク、ワサビなどなど、たくさんの春植物と出会えました井上真央ファンの井○君お疲れ様です!木々も芽吹いてきて、いよいよ信州でも春本番でも春を通り過ぎてすぐに夏になってしまうのではと思うのは僕だけ         せいいち


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。