スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


忘れてた・・・

 もう1ヶ月ぐらい前のことですが、近所の○ーソンにツバメが営巣していました。ブログで紹介するのを忘れてましたとっても可愛いいんですけど、携帯で撮ったのでザラザラに・・・

CA390824.jpg
 1羽だけお尻向き・・・この数日後に無事巣立ちました。

 今日でテストが終わり、いよいよ夏休みですwwでも結構忙しい日々が続きます。とは言っても半分遊ぶのに忙しいだけかもしれませんがね~~~        せいいち

スポンサーサイト

炎天下の中、空を眺めていたら・・・

 2011/7/10

 あるポイントに座り込んで、ひたすら空を飛んでいる鳥探し。暑いもんです。かといって日陰に入ると空は見えないし・・・タカ類を見るのが目的ですが、ツバメ類やアオバト、アマツバメがよく出てくるので、暇な時間もそうは無く、十分楽しめました。肝心のタカ類はというと、オオタカが4回(同じ個体だと思います)、トビがしょっちゅう、ノスリが2回、チョウゲンボウも一回、そして・・・

 ツミ 成鳥(たぶんメス)
DPP_1902.jpg
 高かったので限界までトリミングしています。スコープで見たときは100%ツミだという自信がなかったので、悔しいですが写真判定・・・ハイタカと確実に見分けるのはやっぱり難しいです。

 イワツバメ
DPP_1904.jpg
 確か当ブログ初登場!

 最後にちょっとクイズです。
DPP_1903.jpg
 この鳥何か分かりますか?


 さっきけんじとよしのりと3人で、灯火の見回り採集に行って来ました。その結果は後日ということで。      せいいち

霧雨の朝の田んぼ

 2011/7/7

 朝、家の前の田んぼに、いつものようにチュウサギの群れがやってきました。

DPP_1894.jpg
  畦の段差をこけないように・・・

DPP_1897.jpg
 ドジョウ?を捕まえました。ここの田んぼは天竜川から引いた西天竜用水の水を利用しているので、結構魚もいるのかもしれません。まあドジョウさんは、普通の田んぼにもいるはずですが。

DPP_1898.jpg
 今度は何が狙い?

DPP_1895.jpg
 あっちにも、こっちにもいます。数羽まとめて写せばよかったなぁ~~

 ツバメ 成鳥
DPP_1896.jpg
 シッポの長さ的にはメスのようです。

 せっかく霧雨が降っているのに、その雰囲気が伝わらないのが残念・・・カメラ撮影についても、これから勉強しなければなりませんね。           せいいち

再びホオアカ

 2011/6/22

 この前、アカモズがいた場所の近くにいたホオアカは、昨日もちゃんとさえずっていました。

 ホオアカ オス
DPP_1867.jpg
 わざわざ霧が峰や高ボッチなどの高原に行かなくても、近所でこの鳥が普通に見られるなんて、やっぱり伊那谷に来てよかった~~

 ツバメ 成鳥オス
DPP_1860.jpg
 この子は大人ですが、最近電線に幼鳥が並んでいるのをよく見ますね~~

 モズ メス
DPP_1861.jpg
 アカモズのいる場所にはやはりモズもよくいますね。当然ですがこちらのほうが多数派!モズとアカモズは種間縄張り(異種同士でも縄張りを争う)を持つようで、ここでもアカモズとモズの縄張りが入り混じっています。この地区のこの2種は、もう全て(と思うのですが)顔見知りとなりました。

 アオサギ
DPP_1868.jpg
 田んぼで2羽が一緒に採食中。

DPP_1869.jpg
 上とは別の個体です。ごめん邪魔しちゃったかな?

 昨日のクイズの答えはキジバトです。全体の色もそうですが、黒っぽい尾羽の先だけ白いのが最大のポイント!     せいいち

大きくなりました

 2011/6/15

 オオタカがキジバトを持って近くを飛び、森の中へ消えました。するとそれを追ってもう1羽も。近くに巣があるんでしょうか?その森にはオオタカの巣はないはずですが・・・よく分からないですが、それにしても間近で見るオオタカはやっぱりかっこいい。

 だんだん巣立ち雛や幼鳥を見ることが多くなってきましたね!

 ツバメ 幼鳥
DPP_1839.jpg
 幼鳥には大人の鳥とは違ったかわいらしさがあります

DPP_1838.jpg
 足で頭をかくなんて、人間にはなかなかできないですよね~~このあと親鳥が虫を捕ってやってきました。それを撮れよって感じですが、どうしても見入ってしまい、そんな余裕がないぼくは・・・

 ノスリ
DPP_1842.jpg
 久しぶりに近所の巣の様子を見に行ったら、だいぶ雛が大きくなっていました。さすがに猛禽類の巣ということもあり遠くから撮影したので、35mm換算800mmのレンズでぎりぎりまでトリミングしてもこの大きさ。待っていれば給餌の様子なども観察、撮影できたかもしれませんが、親鳥に怒られるのも嫌なのでやめました。雛は1羽しかいない様子でした。

 オオヨシキリ
DPP_1841.jpg
 こいつはいつでも撮らせてくれるので、撮影の練習にぴったり?


 シジュウカラやセキレイ類、カラスなど、多くの鳥たちが巣立ちの季節を迎えています。巣立ち雛を見るとなんだか安心しますね。         せいいち


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。