スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ハシビロだらけ・・・

 2011/3/9

 近くにある森林公園へ行ってきました。ここにある池にはハシビロガモがうじゃうじゃ。カワウのコロニーがありアオサギも少し混じっています。カモはハシビロがほとんどでコガモ、マガモ、キンクロなどが少し、ヨシガモのメスとここではあまり見られないカンムリカイツブリが1羽ずつ、、まあどれも遠かったですが。

 カワウのコロニー
DPP_1463.jpg
 すでに抱卵、育雛に入っています。卵を狙ってカラス類がやってくることも。池の周りで時々つつかれた卵の殻が

 ハシビロガモ 成鳥オス
DPP_1465.jpg
 信州ではなぜかあまり見られません。特にオスの成鳥は・・・

DPP_1466.jpg

DPP_1467.jpg
 こうやって水中のプランクトンなどの浮遊物を食べるそうです。それで水のきれいな信州ではこのカモは少ないのかも。よくこんなんでお腹いっぱいになるな~~

 カイツブリ
DPP_1464.jpg
 もうかなり夏色にww

 シロハラ 成鳥オス
DPP_1462.jpg
 山の中のシロハラは恥ずかしがりやですから、公園などのほうが観察、撮影がしやすいです 

  成鳥メス
DPP_1469.jpg
 横から撮れればオスとの違いがよく分かったんですが。

 ウソ メス たぶんアカウソ
DPP_1470.jpg
 条件が悪く記録写真にしかなりませんでした。オスは全くチャンスなし。。

 7羽の群れでサクラ(たぶんソメイヨシノ)の花芽をムシャムシャ。この辺のウソはほとんど大陸から冬鳥として飛来する亜種アカウソで、今日見たものもお腹の赤いものばかり。1羽だけ亜種ウソみたいな色合いのものもいましたが、実際はアカウソの可能性も大です。

 帰る途中、帰省してからは初めてルリビタキの青いオスに出会いました。数年前までは青いオスは家の近所にも2、3羽来ていました。まだちゃんと探していないので分かりませんが、今年は近所には見られなさそうです。そもそもルリビタキ自体が少なくなってきたような・・・気のせいだといいですけど。      せいいち


スポンサーサイト

今日もキャンパスで。

2011/2/20

 ここ最近、マヒワの群れやミヤマホオジロ、オオマシコなどが見られるようになり、鳥影が少なかった一時期に比べるとだいぶ賑やかさが戻ってきました今日一日で出会った鳥は35種!2011年になってからの最高記録です(昨日は32種)水鳥が見られない場所でこの種数はなかなかだと、、先週の大雪で山から降りてきた鳥もいるかもしれません。

 マヒワをもう一度撮影したかったのですが、今日は上空を飛び回る群れを見ただけでチャンスはなし、、でもその分他の野鳥をたくさん撮影できました。

 シロハラ 成鳥オス
DPP_1303.jpg
 年末ごろまでは林内で群れでいましたが、最近は単独行動をしています。建物付近でもよくえさを探して落ち葉をひっくり返す姿を観察できます。

 ルリビタキ 成鳥オス
DPP_1304.jpg
 キャンパス内にルリちゃんは数羽しかいません。しかも青いのはたぶんこの子だけ。

 コゲラ
DPP_1307.jpg
 この時期構内で最もよく見られるキツツキww
 
 アカゲラ オス
DPP_1308.jpg
 ここんところよくドラミングもするようになり、繁殖の準備も始まっています。。
 
 ヤマガラ
DPP_1305.jpg

DPP_1306.jpg
 ここでよく見られる個体で、個体識別ができています。。名前がついていたりしてキャンパスではヤマガラは多くないので、とりあえず4羽の個体識別ができました。知らない間に羽根が生え換わったら分からなくかも知れないのでよく見ておかないと、、今度巣箱を掛ける予定です。この子たちが使ってくれると楽しいのですが。

 ヒガラ 
DPP_1309.jpg
 枝先の白い物体はコブシの冬芽です。

DPP_1311.jpg
 構内でも繁殖していますが、冬は外からのも加わってたくさん見られます。


 突然小鳥たちが警戒して鳴きだしました。これは近くに猛禽類のいるパターンやっぱりハイタカの少し赤味のあるオスが上空を舞っていました~~学校でハイタカを見たのは久しぶりです。しかもその後メスにも出会いました。。このあたりでハイタカに2羽も出会えるとは、、とてもラッキーな1日となりました。

 ハイタカ 成鳥オス
DPP_1312.jpg

DPP_1313.jpg

DPP_1314.jpg

 贅沢言ってはいけませんが、タカの飛ぶ写真はやっぱり青空のほうがいいですね。僕は撮影が本業ではないのであまりこだわってはいませんが、そのうち青空バックに1枚撮れればいいな~~      せいいち

農学部キャンパスの野鳥たち 冬編②

 冬編①の続きです。

 シロハラ 若鳥
DPP_1277.jpg
 地元愛知県で撮った少し古い写真です。秋に飛来し5月の連休ごろまで見られます、、年末ごろまでは十数羽の群れでかたまっていましたが、年が明けたころ急に単独行動をするようになりました。

 シメ 冬羽オス
DPP_1279.jpg
 1羽から数羽で行動しています。構内でも結構よく見られますが、何を食べているのかよく分かりません… ユリノキの種なんかを食べそうですが。。

 ベニマシコ オス
IMG_0905.jpg

 メス
DPP_0591.jpg
 たまに出会いますが、キャンパス内で越冬しているというよりは、ときどき周りの草地などからやってくるという感じ写真も去年松本で撮ったものです。

 トラツグミ
DPP_1278.jpg
 構内のあるポイントに2羽いたのですが、タカ類にやられてしまい、羽根だけになりましたなので最近は見ないです…もしキャンパス内で最近見た方いらっしゃいましたら、ご一報ください!ちなみに写真は松本市内のとある池のほとりで撮りました。

 ミソサザイ
DPP_0828.jpg
 昔は構内でも繁殖した記録があるみたいです。冬が深まると見られなくなったので、もう少し標高の低いところで過ごしているかも、、、写真は繁殖期に近所の山で見たものなのでさえずっています。本物に出会うと"ちっちゃ"って思います。こんな小さい体なのにさえずりの声量はすごいです

 オオマシコ オス
DPP_1249.jpg
 信州ではこの冬、オオマシコの多い年のようです。それで農学部にも飛来したのかもしれないので、来年からも見れるとは限らないです・・・今のうちにたくさん観察しなければ

 ヤマシギ
DPP_1165_20110215011941.jpg
 いっつも森でじっとしています。誰かが近くを通るとどこかへ行ってしまいます… 夜になったらどこで採食しているのか見てみたいのですが、うまくいかないですね

 ウグイス
DPP_0815.jpg
 構内にはウグイスが好むような藪がほとんど無く、数少ない鳥です。去年は繁殖している様子はありませんでした。以前はもう少しいたと聞いていますが、、藪って嫌われるのか、すぐに手入れされてしまう気がします、部分的にでも残せたらいいのに… って思います。

 キバシリ
_MG_0143.jpg
 この地域では珍しい部類の鳥さんです。キャンパス内でカラ類の混群に入っていたことが何回かありましたが、定着しない様子。。キャンパスでは旅鳥的存在なのかな~  写真はとある繁殖地で撮りました。

 アトリ オス
DPP_1280.jpg
 去年、春先に伊那へ引っ越してきたときにはたくさん見られましたが、今シーズンは10月ごろ渡りと思われる小群を何度か見ただけです。また来年たくさん来てくださ~い。。

 他にマヒワ、ウソ、年によりますがレンジャク類などが見られます。でも写真が無いので、またそのうち紹介します。近いうちに夏編、通年見れる鳥編なども作りたいと思います。   せいいち

 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。