スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


帰国しました。

 2011/3/27

 とある湿地へハルリンドウなどの花を見に行きました。

 ハルリンドウ
DPP_1574.jpg
 今日は朝から快晴で暖かめだったので、ちゃんと開いていました。しかし数が少なくちょっと心配。花が少ないというわけではなく、株自体があまりありませんでした。でも信州に戻る前に見られてよかった!

 シデコブシ
_MG_6099.jpg
 もう数日で見ごろのはずですが、惜しいです。

 オオバヤシャブシ
_MG_6109.jpg
 ニッキ飴のような独特の匂いがww

 イワナシ
DPP_1575.jpg
 この辺ではほとんど見られません。盗掘されないか心配です。


 場所を移動中、渡りと思われるハイタカ、ノスリを数羽見ました。ついでにカヤクグリに出会うおまけつき。ウグイスの声も目立つようになりました。

 最後にいつもの田んぼへ。今日もハイタカやノスリがよく飛びました。ここで越冬したお腹がとても赤いオスにもお目にかかり、「もう信州に帰るよ」と心の中でお別れを告げておきました。。イワツバメ、ツバメも数を増し、コジュケイもにぎやかです。春はすぐそこ。でも先ほど信州に戻ってきたので、少し冬へ逆戻りしてしまいました・・・    せいいち

スポンサーサイト

海上の森 探鳥会

 2011/3/26

 海上の森は元々は愛知万博の予定地でしたが、貴重な動植物が多く生息し、多くの方の努力もあって開発をされずにすんだ森です。今日はそこでの探鳥会がありました。

 珍しい鳥ではアリスイを見ました。ただ見れた人が僕を含めて数人だったのがちょっと残念。そのほかシメやケリ、猛禽類を数種観察できましたが、鳥影はちょっと少なく探鳥会としては少し寂しい結果に・・・でもショウジョウバカマやカンアオイが咲いていたり、シデコブシの蕾を見ることもできました。ハルリンドウは天気がイマイチだったせいか半開きの状態。

 ショウジョウバカマ
_MG_6033.jpg
 こんな写真でスミマセン。きれいな花なんですが。

 シデコブシ
_MG_6036.jpg
 世界で東海地方にしかない絶滅危惧種。シデコブシが生育できる湿地は開発などにより減少。今では見られる場所が限られます。


 野鳥はあまり見られませんでしたが、ちょっと険しい道を歩いたり、参加者の皆さんといろいろ話をすることができ、楽しい探鳥会でした。次はいつ来れるかまだ分からないですが、次も楽しみたいと思います。     せいいち

 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。