スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


実習お疲れ~~

2012.2.11

信大の実習が終わった翌日、東京の大学から来てくれた新しい友達アベちゃんとけんじ君と3人で安曇野へ行ってきました!!

いつものようにカモなどの水鳥、タカ類、白鳥などがたくさん

まず最初に出会ったのがコチョウゲンボウ
DPP_2411.jpg
しばらく観察しようとしてたけど、散歩の人が来て遥かかなたへさようなら~~

コガモ オス
DPP_2406.jpg
いつもはあまり近くに来ないコガモが目の前に(^-^)

メス
DPP_2405.jpg
近くで見ると、やっぱりコガモってすごく小さい!
カイツブリよりも少し大きいくらいに感じました。

トモエガモ オス
DPP_2404.jpg
オオタカがカモにちょっかいをかけたので、トモエ君がちょっとだけ近くに来ました。

DPP_2403.jpg
雌雄あわせて10羽ほど確認!でもオスしか近くに来なかった・・

DPP_2402.jpg

そしてこの日いちばんの収穫は・・・

DPP_2407.jpg
普通に鳥を見ていたら、上空からここではあまり聞きなれない声が・・・

DPP_2408.jpg
マガンの群れでした!!36羽も!!!

DPP_2409.jpg
この地でも毎年マガン数羽が越冬、もしくは通過するみたいですが、こんな大きい群れはあまり来ないよう。

DPP_2410.jpg
川に降りることなく、北のほうへと去っていきました。


寒かったけどアベちゃんも楽しんでくれたはず?
またいとう氏も連れて、今度は暖かい時期にまた来てね~~~

せいいち


スポンサーサイト

貴重なオス

2012.1.28

けんじ、よしのりと3人で凍った川を見に行った帰り、
電柱に止まる小さな猛禽を発見

コチョウゲンボウ 成鳥オス
PAP_0017_20120201120255.jpg
なんとコチョウゲンの"オス"でした!!
とりあえずスコープ×携帯で記念撮影

DPP_2394.jpg
しばらくして別の木に止まりました。
警戒心が強いので、よしのりが運転する車の中から撮影ww

DPP_2363.jpg
信州ではコチョウゲンもそんなに多い鳥ではありませんが、なんか目撃例は増えているという・・・
でも見られるのは幼鳥のような青くない個体が多く、青いオスの成鳥を見たのは伊那谷では初めてです!この日はとてもついてました\(^ー^)/

またこの場所で見られるかもしれないので、これから要注意かな~


今日はテストの初日・・・さっきひとつ受けてきましたが、どうだったかな~~
いよいよ春休みも近くなってきた。。。

せいいち

コチョウゲンに会った!!

2011/12/27

片道1時間半ほど車を走らせ、以前に○○○ズクで話題になった場所へ行ってきました。
○○○ズクには会えませんでしたが、それなりにたくさんの野鳥が見られ楽しい一日

ふと電柱に目をやると・・・

コチョウゲンボウ 幼鳥?メス?
DPP_2283.jpg
止まっているコチョウゲンを見たのは多分10ヶ月ぶりくらい。
チョウゲンボウより数が少なく、僕の住んでいる地域ではちょっと探さないと見つからない鳥さんです。今日はこれだけでも外に出た甲斐がありました\(^ー^)/

DPP_2284.jpg
なかなか飛んでいるところが上手く撮れなくて、いつも悔しい思いをします・・・

DPP_2285.jpg
チョウゲンボウに比べ尾や翼が短く、羽ばたきも力強い印象。初列風切上面の細かい斑が見えたら、チョウゲンボウとも識別しやすいです。

今日は他にもオオタカやハイタカ、ミサゴやノスリを何度も観察でき、冬のこの時期らしいタカたちの姿を満喫できました。

オオタカ
DPP_2286.jpg
2羽でそこそこ近くを飛んだのですが、一緒には写せず。。

DPP_2287.jpg
今日は少なくとも4羽のオオタカを観察!!

ノスリ 成鳥
DPP_2288.jpg
カモにちょっかいを出しましたが、あまり相手にされず、ちょっと情けないノスリ君。
「だって僕の好物はネズミみたいな小型哺乳類なんだから、しょうがないじゃんo(^0^)o」とでも言っている?

せいいち

再びコチョウゲン。。

 2011/2/16

 まだ分厚く雪が残る農地を歩き回りました。今日は天気も快晴で、タカ類のあたり日!!さっそくオオタカ成鳥を見ることができました。ハイタカにも出会いました。キャンパスやその近くでオオタカはよく見られます。でもそれに比べると越冬しているハイタカにはあまり出会えないです

 ハイタカ
DPP_1276.jpg
 ハイタカの雌雄年齢がいまいちよく分かりませんこの個体は腹部に目立った赤味はありませんが・・・   どうでしょう?



 その後も道路を歩いていると、前方に左へ向かって低く飛ぶ小さいタカが、、、双眼鏡でとらえましたがすぐ建物の裏側へ消えました。どうもコチョウゲンボウのようでした。場所を移動し、遠くの電柱に止まっている鳥を発見!でもそれはなぜかチョウゲンボウのようでした。。その後近づくまもなくカラスに追われ飛びましたが、それを見てもやはり普通のチョウゲン…

 さっき見たのはコチョウゲンのはず、、どうしても気になってあたりの電柱を一つひとつ双眼鏡でなめ回すと、もう一羽何かが止まっていました。コチョウゲンはこっちにいたのでした今月10日に出会った個体なのかは分かりませんが、またコチョウゲンボウを見ることができラッキーです。

 その後狩りをして失敗し、かなり遠くの木に止まりました。そのときの写真です。

 コチョウゲンボウ
DPP_1274.jpg
 チョウゲンボウもタカ類の中ではとてもかわいい部類ですが、コチョウゲンも負けてないですね。




 今日はアオジを見ることができました。このあたりで越冬しているアオジを見たのは初めてです。信州では越冬アオジは少ないと思います。これも大きな収穫です。。          せいいち

コチョウゲンか?

 2011/2/10 

 昼ごろまでキャンパス内で鳥を見ていました。でも最近寒すぎるのか少し前より小鳥が少なくなったようです。少し前まではオオマシコやミヤマホオジロなどもいたんですが…
 そこで気分を変えて、キャンパス付近の田んぼや畑なんかを自転車で走りながら見て回りましたそこで出会ったのが・・・

 オナガ
DPP_1227.jpg
 4羽の小群で行動していました。地元愛知ではなかなか見られないです。ここではたくさんはいないけど探せば見つかる鳥さんです。。 
 
 ノスリ 成鳥
DPP_1315.jpg
 虹彩が黒っぽいので成鳥です

 南アルプスの雪山とシメの群れ
DPP_1229.jpg
 よく見ると雌雄が分かります。目の周りの黒が濃く、なんとなく色が鮮やかなのがオスです。


 シメがいた付近の少し遠くの木に、なにやらハトくらいの鳥が止まっていました。双眼鏡で見てみると小さい猛禽類のようで・・・     少し近づいてみるとコチョウゲンボウでした雌雄年齢はよく分かりませんが、メスか幼鳥のようですね。。
 チョウゲンボウはこの地方でもよく見られますが、それに比べコチョウゲンはかなり少なめなんです。なんか得した気分

DPP_1231.jpg

 しばらく待っていたら横向きに飛んではるか遠くに行ってしまいました・・・似ているチョウゲンボウの初列風切上面側は斑点が目立たず、黒っぽく見えます。あと尾が長めに見えることが多く、スマートな印象です。写真はイマイチですが特徴はよく分かると思います。。

DPP_1230.jpg

 写真のほかに赤いベニマシコ、ジョウビタキ、カシラダカなど二十数種を観察今度はきれいなオスの成鳥も探さなくては        せいいち



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。