スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


白樺の蝶

調査地には渡る蝶であるアサギマダラのほかにも、いろんな蝶が生息していました。

ウラナミシジミ
DPP_2149.jpg
アサギマダラほどではないけれど、移動性のある蝶。暖かい時期に北のほうへ進出し、冬は寒さで死滅するらしい・・・

クジャクチョウ
DPP_2152.jpg
こんなきれいな蝶がキャンパスにもいるなんてちょっと幸せww

キベリタテハ
DPP_2151.jpg
よくスコープに止まったり、体をまとわりつかれたりしました。仲良くなれたのかな?

クモガタヒョウモン
DPP_2105.jpg
苦手なヒョウモンの中ではわりと分かりやすい。

エルタテハ?
DPP_2153.jpg
あとでちゃんと調べておきます。

せいいち


スポンサーサイト

夏鳥の姿なし・・・でも・・・

 2011/4/22

 早朝、キャンパスでの観察を終え、自転車を飛ばしとある渓流沿いの山林へ行ってきました。オオルリやムシクイ類、ヤブサメなどが見られることを期待しましたが、夏鳥で確認できたのはツバメだけ・・・森がさえずりで賑わうのはまだ先になりそうです

 今年初のクジャクチョウです。
DPP_1653.jpg
 成虫越冬をするチョウなので、わりと早い時期から見られます。食草はカラハナソウ、イラクサ、ハルニレなど。信州らしい色鮮やかな蝶ですねwwこんな蝶が普通に見られるなんて幸せです

 ネコノメソウの仲間
DPP_1654.jpg
 ニッコウネコノメソウでいいと思うのですが。ネコノメソウも種類が多く、パッと見似ているものも多いので写真を撮ってから調べても確信が得られないことが多い・・・それは植物全般そうかもしれないですが。でも荷物も多いしなかなか図鑑を持ち運ぶのも大変。基本自転車で移動だし、植物図鑑は1冊では足りないことも多いし・・・

 アブラチャン
DPP_1656.jpg
 ダンコウバイと似ています。僕もよく分かりませんが、下に落ちている葉っぱがアブラチャンっぽかったので。
 
 フサザクラ
DPP_1657.jpg
 桜とは違う仲間です。

DPP_1658.jpg
 花弁がなく、雄しべが目立ちます。


 ここにはなんとなくタカ類が巣を作っていそうな森があったので、林道沿いを探してみました。やはりアカマツの木に大きな巣がありました。新しく枝が巣に乗せられているようで、巣を修復した感じはありましたが、遠くから見て何も入っていないように見えたので、とりあえず巣の真下に何か落ちていないか捜索。ふと巣をほうを見上げるとこちらをのぞく影が・・・なんとオオタカさん(たぶんメス)です。ああいたんだ、、ごめんごめんとりあえず場所だけ確認してその場を後にしました。空だと思っても、不用意に近づかないほうがいいですね。どうか無事に繁殖して下さい。。

 それにしてもこの地域は数多くのオオタカが繁殖しています。確かにこの辺はオオタカが好みそうなアカマツ林がたくさんありますから。餌となるハトなどの鳥も多いですし。以前もこれくらいいたんでしょうか?これでは他の猛禽類は自分の雛が襲われないかヒヤヒヤでしょう。ましてやハト類なんて・・・      せいいち


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。