スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どアップ。

 2011/3/16

 定光寺公園の正伝池の付近で鳥を探しました。池はカワセミの撮影地なので、あちこちにカワセミが止まるための木の枝が設置されています。ここの池にはそんなには水鳥はいませんが、カルガモやカイツブリだけはいつもいます。

 カルガモ
DPP_1534.jpg
 手前がメスで、奥がオスです。

 カイツブリ
DPP_1541.jpg

DPP_1540.jpg
 めっちゃ近いです。目の前で見ると、やはり小さい鳥だと分かります。目もなんかキョトンとしていてかわいいです。

 カワウ
DPP_1538.jpg
 遠目のいは真っ黒に見えますが、意外ときれいな鳥さんです。

DPP_1539.jpg
 目はエメラルドグリーン。鳥の目にいろんな色があるのはなぜだろう?

 スズメ
DPP_1533.jpg
 やっぱ日本で一番身近な野鳥はこの子らかな?

 ジョウビタキ オス
DPP_1537.jpg
 この冬見る機会はたくさんあったけど、なぜかあまり撮影していませんでした。

DPP_1535.jpg
 梅?の蕾も膨らんで、もうすぐこの鳥ともしばらくお別れですね。

 アヒル
DPP_1536.jpg
 ここでずっと暮らしています。観光客がくれるパンが頼りです。     せいいち

スポンサーサイト

ハシビロだらけ・・・

 2011/3/9

 近くにある森林公園へ行ってきました。ここにある池にはハシビロガモがうじゃうじゃ。カワウのコロニーがありアオサギも少し混じっています。カモはハシビロがほとんどでコガモ、マガモ、キンクロなどが少し、ヨシガモのメスとここではあまり見られないカンムリカイツブリが1羽ずつ、、まあどれも遠かったですが。

 カワウのコロニー
DPP_1463.jpg
 すでに抱卵、育雛に入っています。卵を狙ってカラス類がやってくることも。池の周りで時々つつかれた卵の殻が

 ハシビロガモ 成鳥オス
DPP_1465.jpg
 信州ではなぜかあまり見られません。特にオスの成鳥は・・・

DPP_1466.jpg

DPP_1467.jpg
 こうやって水中のプランクトンなどの浮遊物を食べるそうです。それで水のきれいな信州ではこのカモは少ないのかも。よくこんなんでお腹いっぱいになるな~~

 カイツブリ
DPP_1464.jpg
 もうかなり夏色にww

 シロハラ 成鳥オス
DPP_1462.jpg
 山の中のシロハラは恥ずかしがりやですから、公園などのほうが観察、撮影がしやすいです 

  成鳥メス
DPP_1469.jpg
 横から撮れればオスとの違いがよく分かったんですが。

 ウソ メス たぶんアカウソ
DPP_1470.jpg
 条件が悪く記録写真にしかなりませんでした。オスは全くチャンスなし。。

 7羽の群れでサクラ(たぶんソメイヨシノ)の花芽をムシャムシャ。この辺のウソはほとんど大陸から冬鳥として飛来する亜種アカウソで、今日見たものもお腹の赤いものばかり。1羽だけ亜種ウソみたいな色合いのものもいましたが、実際はアカウソの可能性も大です。

 帰る途中、帰省してからは初めてルリビタキの青いオスに出会いました。数年前までは青いオスは家の近所にも2、3羽来ていました。まだちゃんと探していないので分かりませんが、今年は近所には見られなさそうです。そもそもルリビタキ自体が少なくなってきたような・・・気のせいだといいですけど。      せいいち



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。