スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


霧が峰のふもとでは

2012.6.1

霧が峰でちょっと鳥を見て諏訪へ降りる途中,
そのふもとで地味~~なこの鳥に遭遇

~オオルリ~ メス
DPP_2667.jpg
かわいい~~でもやっぱり地味だ・・・
キビタキのメスに似てるんですよね~~

DPP_2668.jpg
羽化したての水生昆虫?を捕まえて,ちょっと苦労しながらも食べちゃいました^^


せいいち




スポンサーサイト

口笛のせい?

 2011/5/8

 今日はとても風の強い日でした。晴れているのに雨が降ってきたり・・・空を見渡すと山側の空に雨雲が。あんな遠くから雨粒が飛んでくるほどの強風だったんですね。畑の土ほこりに巻き込まれ、エラい目に遭いました

 コチドリ たぶんメス
DPP_1743.jpg
 途中、寄り道しながら見つけた新しい生息地ww寄り道しすぎて目的地まで1時間もかからないはずが、3時間以上かかってしまいました

 ヒガラ
DPP_1747.jpg
 ハンノキの梢でさえずっていました。でも口が開いている写真は撮れず。

 オオルリ オス
DPP_1746.jpg
 やっとオオルリの本格的な季節。付近でも3羽ほどがさえずっていました。

DPP_1748.jpg
 大雨覆の色からして、まだちょっと若めの個体wwとはいえ十分幸せの青い鳥

 思いつきでオオルリっぽく口笛を吹いてみました。するとかなり近くまで来てさえずってくれました。
DPP_1749.jpg
 近くに来るのはうれしいんだけど、そこじゃ黒っぽい鳥に見えちゃうホントはエゾムシクイを見たかったんだけど、サービスしてくれてありがと~

DPP_1750.jpg
 調子に乗って吹き続けると、こんな近くに彼との距離約3メートルww(トリミングはしてあります)こんな近くであんな高い声で思いっきりさえずるから耳が痛いよ

 本当にあんな下手クソな口笛につられて来たのかは分かりません。ただ巣に近づいたわけではありません。そんなかわいそうなことしないです。まだ渡ってきたばかりのようで、メスもいなかったですし。間違って巣に近づくと警戒してもっと違う反応を見せます。経験したことある人はなんとなく分かると思いますが。

 キセキレイ オス
DPP_1751.jpg
 夕方の帰り道で。

 あと、Mr.Childrenの「口笛」って曲、めっちゃいいのでよかったら聴いてみてくださ~い。「Q」っていうアルバムに入っています。        せいいち

青い鳥!

 2011/4/27

 きのうと同じく44種の野鳥と出会えました。小鳥を運ぶツミを間近で見たり、多くの植物が咲いていたりで楽しい観察でした。ただ桜はもう散り始めたようです・・・

 カケス
DPP_1691.jpg
 自転車置き場の横でえさ探しふたりは夫婦でしょうか?

 アオジ メス
DPP_1689.jpg
 オスに比べて観察しづらいアオジのメス。メスを写したのはおそらく初めてだったと思います

 コサメビタキ
DPP_1690.jpg
 去年に比べてこの時期異常に多いコサメちゃんたちwwはたしてどれだけ構内に残って繁殖するのか?

 カワラヒワ
DPP_1692.jpg
 一生懸命に巣を建築中。新築おめでと~~



 きのうは見ただけのオオルリを少しがんばって撮影しました。

 オオルリ 成鳥オス
DPP_1682.jpg
 やっぱり青い鳥を見ると幸せな気持ちになります

DPP_1688.jpg
 構内には繁殖に適した崖や斜面があまりないためか、渡りでちょっと立ち寄るだけでも歩いてすぐの場所で、繁殖しているところもあります。

DPP_1685.jpg
 それにしてもきれいな鳥だと、思いませんか?僕は青色が好きなので、、

DPP_1683.jpg
 地面で虫を捕まえて・・・

DPP_1686.jpg
 きのうキビタキがとまった時と同じように、生協前の杭に来るのを繰り返していました。

DPP_1684.jpg
 去年実習で、僕ら3人と同じ学科の友達と作ったベンチにとまってくれましたwwなんかうれしい

DPP_1687.jpg
 青コーンの上にも。。

 今日は飲み会があり帰宅が遅かったので、ブログを書き終えたのは28日午前2時ごろでした。でも記事の内容は27日のものなので、ブログを更新したのは無理やり27日に設定しました。つまり更新日時のちょっとした偽造です。そうしないと分かりにくいと思ったので。これからもそういうことがあるかもしれませんが、そういうことでよろしくお願いします。       せいいち

農学部キャンパスの野鳥たち 夏編①

 2011/4/6

 日中は暑いくらいの陽気で、チョウやハチ、イトトンボの仲間が活発でした。構内でもイワツバメを見ることが増えてきました。さらにはツミを初認近くを飛んだのですが、カメラをしまっていたので見ただけ。最近はハイタカばかり見ていたので、見つけた瞬間はそう思ったのですが尾羽が短く、全体にハイタカよりずんぐり。メスかな?今回は距離が近かったのでよかったですが、少しでも遠かったり光が悪かったりすると、ハイタカ×ツミの識別って難しいですよね?

 今年も夏鳥が順調に飛来するのを期待して、繁殖期にキャンパスへ飛来する野鳥を紹介します。

 キビタキ オス
DPP_1003.jpg
 南国を思わせるような?鳥ですよね。森の中で出会うと"ドキッ"っとしてしまいます昨年はキャンパス内で2つがいがおそらく繁殖していました。

 コムクドリ オス
DPP_0857.jpg
 アカゲラの古巣で営巣することが多いよう。

 メス
DPP_0868.jpg
 写真より左側に巣があり、雌雄でえさをせっせと運んでいました。ここでの巣はオニグルミの樹洞に作られていました。

 カッコウ オス
DPP_0851.jpg
 構内やその周辺で明け方から日中、よく鳴いています。声が大きく、友達から朝うるさい、と苦情を受けたり・・・すみませんでした

 クロツグミ オス
DPP_1004.jpg
 このキャンパスに来て、クロツグミの多さに驚きました。地元愛知でも信州でも珍しい鳥ではないですが、これだけ生息密度が高い場所は初めてでした。普通に道路の隅なんかに出てきて、虫などを捕っています。授業中でもきれいなさえずりが教室まで聞こえてきます。

 メス
_MG_9351.jpg 
 とてもきれいなさえずりなので、ウグイス、オオルリ、コマドリの日本三鳴鳥に加え、四鳴鳥にしてもいいと思います。

 オオルリ 成鳥オス
DPP_0787.jpg
 まぶしいほどのメタリックブルー構内では渡りの時期に見られるだけのようですが、すぐ側の沢沿いの森で繁殖しているので夏編として紹介します。

 若鳥オス
_MG_8380.jpg
 雨覆の先が白っぽいです。

 幼鳥オス
DPP_0908.jpg
 幼鳥でも青い部分の輝きはピカイチ来年もっときれいになって帰ってきてね~

 オオヨシキリ
DPP_0895.jpg
 学校の中にはいませんが周辺に多く、構内から鳴き声も聞こえるし姿も見えます。普通は河原の葭原などに多いですが、ここでは普通の藪に結構多いです。

 コサメビタキ
 DPP_0876.jpg
 地味ですが目が大きく、とてもかわいい鳥さんですね。

 DPP_0826.jpg
 キャンパス内でも数か所、枝の上にのっけたような、ウメノキゴケで覆われた巣を作りました。

 アマツバメ
DPP_0834.jpg
 上空を見ているとたまに高いところを飛んでいます。ブーメランみたいでかっこいいww

 アカハラ オス
_MG_8215.jpg
 たぶん渡り期の通過だけのようですが、あの「キョロンキョロン、ツィー」という声は聞くことができます。何年か前までは繁殖していたと聞きました。近所の公園では繁殖している可能性が高いです。

 夏鳥は写真を持ってない野鳥が多くて・・・もし撮れたらあらためて紹介しようと思います。      せいいち




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。