スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大きくなりました

 2011/6/15

 オオタカがキジバトを持って近くを飛び、森の中へ消えました。するとそれを追ってもう1羽も。近くに巣があるんでしょうか?その森にはオオタカの巣はないはずですが・・・よく分からないですが、それにしても間近で見るオオタカはやっぱりかっこいい。

 だんだん巣立ち雛や幼鳥を見ることが多くなってきましたね!

 ツバメ 幼鳥
DPP_1839.jpg
 幼鳥には大人の鳥とは違ったかわいらしさがあります

DPP_1838.jpg
 足で頭をかくなんて、人間にはなかなかできないですよね~~このあと親鳥が虫を捕ってやってきました。それを撮れよって感じですが、どうしても見入ってしまい、そんな余裕がないぼくは・・・

 ノスリ
DPP_1842.jpg
 久しぶりに近所の巣の様子を見に行ったら、だいぶ雛が大きくなっていました。さすがに猛禽類の巣ということもあり遠くから撮影したので、35mm換算800mmのレンズでぎりぎりまでトリミングしてもこの大きさ。待っていれば給餌の様子なども観察、撮影できたかもしれませんが、親鳥に怒られるのも嫌なのでやめました。雛は1羽しかいない様子でした。

 オオヨシキリ
DPP_1841.jpg
 こいつはいつでも撮らせてくれるので、撮影の練習にぴったり?


 シジュウカラやセキレイ類、カラスなど、多くの鳥たちが巣立ちの季節を迎えています。巣立ち雛を見るとなんだか安心しますね。         せいいち

スポンサーサイト

遅ればせながら

 2011/6/4

 朝6時から天竜川沿いでの探鳥会に参加してきました。ラッキーなことに、一瞬ではありましたが、みんなでサンコウチョウの夫婦を観察終わってみれば30種ほど確認できました。

 探鳥会が終わって孵ろうとしたときに、オオヨシキリを近くで撮れました。
DPP_1821.jpg
 口が開いていて、さえずっているように見えますが、これはただのあくび。

DPP_1820.jpg
 珍しく飛び立ちがうまく撮れました

 他のブログでもよく見かけるオオヨシキリ。ここでもようやく紹介できました。

 ダイサギ
DPP_1819.jpg
 天竜川でよく見かけます。。


 帰る途中あちこち初めての場所を寄り道してきました。ただもう昼前になると、あんまり森の鳥たちは動いてくれません。遠めに見てアカモズ?と思って近づくとモズの幼鳥だったり。キビタキやシジュウカラ、カワラヒワやホオジロなどの声はよく聞こえますが。それとラッキーなことにハチクマに出会いました。ちょっと遠めでしたが、翼の先が黒く見えたのでメスのようです。今シーズン僕にとってハチクマは初見学校周辺にもハチクマはいますが、山側に少数がいるだけのようで。      せいいち

農学部キャンパスの野鳥たち 夏編①

 2011/4/6

 日中は暑いくらいの陽気で、チョウやハチ、イトトンボの仲間が活発でした。構内でもイワツバメを見ることが増えてきました。さらにはツミを初認近くを飛んだのですが、カメラをしまっていたので見ただけ。最近はハイタカばかり見ていたので、見つけた瞬間はそう思ったのですが尾羽が短く、全体にハイタカよりずんぐり。メスかな?今回は距離が近かったのでよかったですが、少しでも遠かったり光が悪かったりすると、ハイタカ×ツミの識別って難しいですよね?

 今年も夏鳥が順調に飛来するのを期待して、繁殖期にキャンパスへ飛来する野鳥を紹介します。

 キビタキ オス
DPP_1003.jpg
 南国を思わせるような?鳥ですよね。森の中で出会うと"ドキッ"っとしてしまいます昨年はキャンパス内で2つがいがおそらく繁殖していました。

 コムクドリ オス
DPP_0857.jpg
 アカゲラの古巣で営巣することが多いよう。

 メス
DPP_0868.jpg
 写真より左側に巣があり、雌雄でえさをせっせと運んでいました。ここでの巣はオニグルミの樹洞に作られていました。

 カッコウ オス
DPP_0851.jpg
 構内やその周辺で明け方から日中、よく鳴いています。声が大きく、友達から朝うるさい、と苦情を受けたり・・・すみませんでした

 クロツグミ オス
DPP_1004.jpg
 このキャンパスに来て、クロツグミの多さに驚きました。地元愛知でも信州でも珍しい鳥ではないですが、これだけ生息密度が高い場所は初めてでした。普通に道路の隅なんかに出てきて、虫などを捕っています。授業中でもきれいなさえずりが教室まで聞こえてきます。

 メス
_MG_9351.jpg 
 とてもきれいなさえずりなので、ウグイス、オオルリ、コマドリの日本三鳴鳥に加え、四鳴鳥にしてもいいと思います。

 オオルリ 成鳥オス
DPP_0787.jpg
 まぶしいほどのメタリックブルー構内では渡りの時期に見られるだけのようですが、すぐ側の沢沿いの森で繁殖しているので夏編として紹介します。

 若鳥オス
_MG_8380.jpg
 雨覆の先が白っぽいです。

 幼鳥オス
DPP_0908.jpg
 幼鳥でも青い部分の輝きはピカイチ来年もっときれいになって帰ってきてね~

 オオヨシキリ
DPP_0895.jpg
 学校の中にはいませんが周辺に多く、構内から鳴き声も聞こえるし姿も見えます。普通は河原の葭原などに多いですが、ここでは普通の藪に結構多いです。

 コサメビタキ
 DPP_0876.jpg
 地味ですが目が大きく、とてもかわいい鳥さんですね。

 DPP_0826.jpg
 キャンパス内でも数か所、枝の上にのっけたような、ウメノキゴケで覆われた巣を作りました。

 アマツバメ
DPP_0834.jpg
 上空を見ているとたまに高いところを飛んでいます。ブーメランみたいでかっこいいww

 アカハラ オス
_MG_8215.jpg
 たぶん渡り期の通過だけのようですが、あの「キョロンキョロン、ツィー」という声は聞くことができます。何年か前までは繁殖していたと聞きました。近所の公園では繁殖している可能性が高いです。

 夏鳥は写真を持ってない野鳥が多くて・・・もし撮れたらあらためて紹介しようと思います。      せいいち




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。