スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


遠くからオオタカ

2012.11.23

糞した食事後のオスのオオタカ(笑)右下の長細いのがそれ!
見つけたときは背中向きだったけど,あるとき嘴を枝で拭き拭きしてこっち向いた直後の出来事^^
これはけっこうな量なのか?

この数分後下をキョロキョロしたと思ったら飛んじゃいました・・・
そこには青いカッパを着たおじちゃん・・・
...もうちょっと見てたかったのに~~

百メートル以上離れて車から見てたけど,観察されてるって気付かれてたのかな~?
双眼鏡ごしにギョっと目が合うようなことはなかったけど^^

~オオタカ~ 成鳥オス
DPP_2842.jpg

久々の更新!最近は3人ともfacebookメインになってきてるから?

スポンサーサイト

タカだって暑い

2012.7.27

ここんとこ,信州でも暑い日が続いています
オオタカの兄弟が道路まで出てきて水浴びしてました!!

~オオタカ~ 幼鳥
DPP_2715.jpg
なんかめっちゃかわいかったwww

この後向こうから自転車に乗ったおじいちゃんがやってきて,2羽とも森の奥へ・・・
おじいちゃんも気付いてたみたいで,なぜかオオタカにベルを鳴らしてました(笑


せいいち




オオタカ食事中

2012.4.25

今日の夕方に一本の電話が
キャンパス内でどうも鷹らしき鳥が何かを食べているとのこと
全力疾走で見に行ってみると・・・

~オオタカ~ 成鳥オス
DPP_2587.jpg
エサになってしまったのはドバト
そのうが膨らんできている^^
ここではたまにオオタカがエサを押さえるのを目撃しますが,
今回が一番よく観察できましたww

DPP_2586.jpg
近くで数つがいのオオタカが営巣していますが,彼はどこの家の旦那かな?
上手く個体識別が出来ると楽しいけど,なかなかそこまで手が回らない


最近とても暖かく,家の周りのカエルの合唱も始まりました
綺麗な花もたくさん咲いて,今が一番過ごしやすい季節かな?
でも5月病にはならないようにしなくては


せいいち




近くの峠では

2012.3.27

鹿児島遠征ネタはちょっと休憩して,久しぶりに信州での出来事です

春のタカの渡りの時期がやってきました!!
最近,渡りの動きをするノスリなんかを見かけます^^


今日はそんな渡りのタカや,棲みつきのクマタカなどを探しに近くの峠へ
しかし渡りのタカを見つけることは出来ませんでした(-. -;)

でもトビのつがいが頭の上で飛んでいたり,それなりに楽しい時間を過ごしましたww

~ベニマシコ~
DPP_2528.jpg
植栽されたミヤマハンノキ?の種子を食べに来た様子v(^ ^)v

DPP_2529.jpg
セイタカアワダチソウにいるベニマシコより,こっちの方が好きかも~~



~オオタカ~ 成鳥オス
DPP_2524.jpg
渡りではないけど近くでオオタカを見られてラッキー

DPP_2525.jpg
そろそろ子育ての準備も始まったかな?
このあと何かを狙った様子で,森の中へ急降下



もう本格的に卒論に取り掛かる時期になりました
今年もアカモズ,しっかり観察しなくてはww

せいいち

コチョウゲンに会った!!

2011/12/27

片道1時間半ほど車を走らせ、以前に○○○ズクで話題になった場所へ行ってきました。
○○○ズクには会えませんでしたが、それなりにたくさんの野鳥が見られ楽しい一日

ふと電柱に目をやると・・・

コチョウゲンボウ 幼鳥?メス?
DPP_2283.jpg
止まっているコチョウゲンを見たのは多分10ヶ月ぶりくらい。
チョウゲンボウより数が少なく、僕の住んでいる地域ではちょっと探さないと見つからない鳥さんです。今日はこれだけでも外に出た甲斐がありました\(^ー^)/

DPP_2284.jpg
なかなか飛んでいるところが上手く撮れなくて、いつも悔しい思いをします・・・

DPP_2285.jpg
チョウゲンボウに比べ尾や翼が短く、羽ばたきも力強い印象。初列風切上面の細かい斑が見えたら、チョウゲンボウとも識別しやすいです。

今日は他にもオオタカやハイタカ、ミサゴやノスリを何度も観察でき、冬のこの時期らしいタカたちの姿を満喫できました。

オオタカ
DPP_2286.jpg
2羽でそこそこ近くを飛んだのですが、一緒には写せず。。

DPP_2287.jpg
今日は少なくとも4羽のオオタカを観察!!

ノスリ 成鳥
DPP_2288.jpg
カモにちょっかいを出しましたが、あまり相手にされず、ちょっと情けないノスリ君。
「だって僕の好物はネズミみたいな小型哺乳類なんだから、しょうがないじゃんo(^0^)o」とでも言っている?

せいいち

トップ3

2011/12/11

今年は冬鳥、特に冬の小鳥類が少なく、今のところちょっと寂しい冬になっていますね。
ツグミやルリビタキ、カシラダカなど、いつもなら意識せずとも一日に何度も見られる鳥に、一回も会えない日があるほど・・・
暖かいせいでまだ山から降りてきていないだけかと一時は思ってましたが、なんかそれだけでは済まされないような・・・
冬に信州の山でアオバトやアオジがいるのを見ると、確かにちょっと高い山に残っている鳥がまだたくさんいるのかな?と思えなくもないけど。


それでも冬の猛禽類は例年通り見ることができます。
小鳥が少ないので、時間を持て余したくなければ、そういった野鳥を中心に観察するのも悪くないかも?

ハイタカ
DPP_2280.jpg
このブログで一番頻繁に出てくる野鳥です。
餌となる小鳥類は全体に少ないけど、大丈夫なの

オオタカ 幼鳥
DPP_2282.jpg
2位はこのオオタカ!でも最近は首位のハイタカにちょっと差をつけられている。。

ノスリ 成鳥
DPP_2281.jpg
そしてノスリは第3位気付けばトップ3は全てタカ類

野鳥の中でもタカ類が特別に好きっていうことはないんですが、なんかこのブログ、タカ類の出現頻度が高いんですよね~
最近は双眼スコープを作ったために、開けた場所にじっと座って鳥を待っている時間が増えたことも大きいかも。
それにタカが近くに現れると”今がチャンス”みたいな気分になってカメラを向けたくなりますし。
タカを近く撮るチャンスってなかなかないと思っていたけど、意外とあるんですね~~

せいいち

スコープ×携帯電話

デジカメをスコープに取り付けて超望遠撮影ができるデジスコってありますよね。じゃあ携帯でも撮れるんじゃないの?ってことでやってみました。

カワラヒワ
PAP_0017.jpg
結構遠くの鳥を撮影しているので、できる限り拡大して見ました。

ヤマセミ
PAP_0021.jpg
先週の探鳥会で天竜川の対岸およそ200m先にいた個体。ヤマセミに出会ったという記念には十分ww

オオタカ
PAP_0018.jpg
これも川の対岸遠くを写したもの。だいぶ画質が悪くざらざらしてますが、あの距離でこれだけ大きく写せるのはすごいかも。

さすがにデジスコには遠く及びませんが、たまにやってみたくなります。でもこれかなり難しくて練習が必要・・・やったことがある方がいれば分かると思いますが。

中日がなんとか勝って逆王手なぜか両チーム共ホームグランド勝てないのが不思議です。中日も6試合で9点しか取れてないのによく互角の戦いができるな~~~3点以上取った試合も一度もないし・・・投手の頑張りが凄いですね。やっぱりこれが中日の野球なのかな?明日なんとか勝って、ホークスの方が強いと言っていた多くのファンを見返してほしいです。
せいいち

昨日の続き

オオタカとハイタカの識別について書きましたが、実際に目で見たときあんなにはっきり見えないですよね~そこで敢えて遠いタカを撮った画像を載せてみます。

DPP_1014.jpg

IMG_9113.jpg

IMG_7126.jpg

ハイタカ 玉野町

IMG_3742.jpg

_MG_4535.jpg

_MG_7885.jpg

_MG_8913.jpg

ハイタカ若鳥 大池

タカが小さいと、急に難しいです。よかったら識別のトレーニングに使って下さい。僕なりの答えは続きをクリック!

続きを読む>>

タカの識別 オオタカとハイタカ

タカの識別って難しいですよね?ハイタカ属の識別、ノスリの仲間、チュウヒ類、ハヤブサ類など課題はたくさん。それに遠くなればなるほど、光の条件が悪くなればなるほど、その難易度は上がってしまう・・・今日は難しい組み合わせの代表のひとつ、オオタカとハイタカの識別点について、僕の分かる範囲で書いてみます。

ハイタカ 成鳥オス
DPP_1313.jpg

オオタカ 成鳥オス
DPP_1237.jpg

やっぱり2種はよく似ています。これだけハッキリした特徴が出ている写真ならそれほど苦労しませんが。
でも条件が悪いときは識別の決め手が見当たらないことも・・・

とりあえず2種の違いについて簡単にまとめてみると

・オオタカのほうが翼の先が細くとがる。
・オオタカの尾にはより丸みがあるが、ハイタカは角尾に近いものが多い。(オオタカでも角尾の個体がいるらしいので注意)
・頭はオオタカのほうがより大きく、より前に突き出て見える。
・ハイタカのほうが風切や尾の斑が粗く明瞭で、はっきり見える。
・体型はハイタカのほうが細くスマートに見え、オオタカはより図太くがっしりした印象。
                          
   などなど

ここから成鳥、幼鳥の違いなど個別に見てみます。

ハイタカ メス オオタカ成鳥と間違えやすいタイプの個体
DPP_1455.jpg
白い眉斑も大きく、顔の黒い部分もはっきりしていてオオタカによく似ています。でも風切の斑が粗くハッキリしていてるし、尾や翼の形にもハイタカの特徴がよく出ています。風切の斑の出方はかなり重要なポイントだと思っています。

オオタカ 成鳥オス
DPP_1788.jpg
上のハイタカと比べると翼の下面の斑がハッキリせず、全体に白っぽく見えるのがよく分かると思います。成鳥はハイタカに比べ、お腹の横斑も細かいので、全体に白っぽく見えます。

オオタカ 幼鳥
DPP_1340.jpg
成鳥より風切や尾の斑が明瞭に見えますが、ハイタカに比べると細かいのが普通。ハイタカにも斑が細かい個体がいるので要注意です。全体に茶色く、体下面には縦斑があります。オオタカ成鳥とハイタカは基本的に横斑です。
オオタカは成鳥と幼鳥で全然違う鳥に見えます。

オオタカ 幼鳥 別個体
DPP_1418.jpg
次列風切の膨らみ具合が成鳥よりも大きく見えることが多いです。幼鳥は翼が薄く、雨覆が透けて見えることもよくあります。

ハイタカ 成鳥メス
DPP_1572.jpg
上のオオタカに比べ翼の先の幅が広く、丸く見えます。

ハイタカ
DPP_1444.jpg
尾をたたんだ時にハイタカは角尾に見えることが多いですが・・・

ハイタカ 幼鳥メス
DPP_1449.jpg
たたみ具合や尾の先の磨耗により、オオタカのような丸っこい尾に見えることも多いので、尾の形だけで判断するのは危険!?

ハイタカ 幼鳥
DPP_1525.jpg
この写真でも角尾というよりは丸尾。

オオタカ 成鳥オス
DPP_1031.jpg
模様やシルエットだけでなく、けっこう羽ばたきなどの動きが手がかりになることも。

オオタカ 成鳥メス
DPP_1562.jpg
オスに比べると体に対して頭が小さく見え、胴が太くがっしりして見えます。でも雌雄を見分けるのは難しく、今日載せたものもあんまり自信がない・・・

この記事を見てもしその識別の仕方は間違っているとか、他にこんなのもあるよ~って言うのがありましたら、是非教えてくださ~い。

せいいち

暑い日、タカの日

 2011/7/17

 お昼前にある方からオオタカ幼鳥が出たと連絡をいただいたので、気になってそこへ行き、夕方まで一緒に観察しました。暑い中お疲れ様ですおかげさまでたくさんのタカ類を観察できました。ありがとうございます。

 到着してすぐノスリ成鳥、オオタカ成鳥、トビがよく現れてくれて、楽しく時間が過ぎていきました。そして気になっていたオオタカ幼鳥も登場!

 オオタカ 幼鳥
DPP_1933.jpg
 限界までトリミング。成鳥とは全く別の鳥に見えますね。オオタカ成鳥よりもむしろサシバに似てると思うのは僕だけ?

DPP_1931.jpg
 もう1羽登場!!おそらく彼らは兄弟でしょう。近くに営巣地があるのでそこの子か、あるいは別の子か・・・

DPP_1932.jpg
 仲が良いのか悪いのか、時々相手の体をつかんでみたり、ちょっかいをかけてみたり。

DPP_1934.jpg
 たとえ兄弟だとしても、これからは自然界での生き残りをかけたライバル同士か~うちの○○兄弟はどうでしょう?

 この子らを見ていたら、突然目の前にノスリが現れました。

 ノスリ 成鳥
DPP_1935.jpg
 せっかくすぐ側を飛んだのに、思いっきり逆光だなんて・・・意地悪だな~~

DPP_1936.jpg
 こんな逆光でも、模様や羽根の抜け具合が分かり、個体識別に役立つ貴重な写真。


 それにしても昨日、今日は、タカ類がたくさん見られるいい二日間でした。今日は最後にツミも見られ、昨日はハチクマやチョウゲンボウ、たくさんのノスリに出会いました。ただとても日差しがきつく、日焼けもしてシャワーのとき痛くてびっくり!!でもこんな日のジュースはおいしいし、今はそうめんを食べて涼んでいます。いよいよ夏本番!夏休みも近づいてきました。        せいいち


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。