スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


かくれんぼ

2011.11.27

ウグイスっていつも藪の中にいて、なかなかしっかり観察させてくれないんですよね~

ウグイス
DPP_2238.jpg
だからこんな写真ばかりになります・・・でも姿が見えただけでもラッキーなほうかな?

せいいち

スポンサーサイト

バードソン②

 2011/6/12

 本当はきのう更新するつもりでしたができませんでした。ごめんなさい

 イカルチドリやイソシギを探していると、川と反対側の田んぼにアマサギが群れて餌を捕っていました。

 アマサギ
DPP_1834.jpg
 やっぱり首が短くて小さく見えます。

DPP_1833.jpg
 夏羽に換羽中なのか、わずかにオレンジ色の羽根がありますね~

DPP_1832.jpg
 やっぱ成鳥夏羽を見ると、テンションが上がります

 近所での散策を終え、中間順位はなんと”1位”さらに種数を稼ぐため、霧が峰へ草原の鳥を探しに行きました。そこでホオアカ、ノビタキ、ビンズイ、コヨシキリ、オオジシギなどをわりとあっさり追加!その途中出会ったウグイスです。

 ウグイス オス
DPP_1835.jpg
 高原のウグイスは森のに比べて観察しやすいです。こうやって目立つところによく出てきます。

 残り時間も少なくなり、霧が峰からすぐ下の山林で山地から亜高山にいる鳥をねらって散策しました。ここが意外と鳥がたくさんいるポイントだったみたいで、コルリ、ジュウイチ、ウソ、ルリビタキなどを追加ww中でもラッキーだったのがこの・・・

 マミジロ 成鳥オス
DPP_1836.jpg
 クロジか何かホオジロ系の地鳴きが聞こえたと思ったら、正体はこの子!!マミジロの地鳴きを初めて聞きました。ある意味マミジロらしい写真。

 終わってみれば79種と満足のいく結果です。もし昨日のノスリがクマタカだったら・・・予定通りサンコウチョウやエゾムシクイに出会えていたら・・・明け方フクロウかヨタカが鳴いていたら・・・80種の夢は惜しくもかないませんでしたが、いつもと違うゲーム感覚の鳥見も、たまにはいいもんですね~そして順位は・・・



 最後に抜かれて全国4位でした(社会人チーム、学生チームあわせて40チーム中)

 そりゃそうですよねー。でも海も大きい川もない場所で戦ったわりには、かなりいい数字だと思います。来年は海から山まで回ってみようかな~~

 そのうち暇があれば、79種のリストを載せようと思います。今やると大変なので。       せいいち

農学部キャンパスの野鳥たち 冬編②

 冬編①の続きです。

 シロハラ 若鳥
DPP_1277.jpg
 地元愛知県で撮った少し古い写真です。秋に飛来し5月の連休ごろまで見られます、、年末ごろまでは十数羽の群れでかたまっていましたが、年が明けたころ急に単独行動をするようになりました。

 シメ 冬羽オス
DPP_1279.jpg
 1羽から数羽で行動しています。構内でも結構よく見られますが、何を食べているのかよく分かりません… ユリノキの種なんかを食べそうですが。。

 ベニマシコ オス
IMG_0905.jpg

 メス
DPP_0591.jpg
 たまに出会いますが、キャンパス内で越冬しているというよりは、ときどき周りの草地などからやってくるという感じ写真も去年松本で撮ったものです。

 トラツグミ
DPP_1278.jpg
 構内のあるポイントに2羽いたのですが、タカ類にやられてしまい、羽根だけになりましたなので最近は見ないです…もしキャンパス内で最近見た方いらっしゃいましたら、ご一報ください!ちなみに写真は松本市内のとある池のほとりで撮りました。

 ミソサザイ
DPP_0828.jpg
 昔は構内でも繁殖した記録があるみたいです。冬が深まると見られなくなったので、もう少し標高の低いところで過ごしているかも、、、写真は繁殖期に近所の山で見たものなのでさえずっています。本物に出会うと"ちっちゃ"って思います。こんな小さい体なのにさえずりの声量はすごいです

 オオマシコ オス
DPP_1249.jpg
 信州ではこの冬、オオマシコの多い年のようです。それで農学部にも飛来したのかもしれないので、来年からも見れるとは限らないです・・・今のうちにたくさん観察しなければ

 ヤマシギ
DPP_1165_20110215011941.jpg
 いっつも森でじっとしています。誰かが近くを通るとどこかへ行ってしまいます… 夜になったらどこで採食しているのか見てみたいのですが、うまくいかないですね

 ウグイス
DPP_0815.jpg
 構内にはウグイスが好むような藪がほとんど無く、数少ない鳥です。去年は繁殖している様子はありませんでした。以前はもう少しいたと聞いていますが、、藪って嫌われるのか、すぐに手入れされてしまう気がします、部分的にでも残せたらいいのに… って思います。

 キバシリ
_MG_0143.jpg
 この地域では珍しい部類の鳥さんです。キャンパス内でカラ類の混群に入っていたことが何回かありましたが、定着しない様子。。キャンパスでは旅鳥的存在なのかな~  写真はとある繁殖地で撮りました。

 アトリ オス
DPP_1280.jpg
 去年、春先に伊那へ引っ越してきたときにはたくさん見られましたが、今シーズンは10月ごろ渡りと思われる小群を何度か見ただけです。また来年たくさん来てくださ~い。。

 他にマヒワ、ウソ、年によりますがレンジャク類などが見られます。でも写真が無いので、またそのうち紹介します。近いうちに夏編、通年見れる鳥編なども作りたいと思います。   せいいち

 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。