スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いつもの白鳥とは違う

2012.1.29

諏訪湖にもたくさんのコハクチョウが飛来していました。
この日の湖は全面結氷
カモや白鳥たちは氷の上で休んでいたり。。

コハクチョウ
DPP_2414.jpg
何か争い事ががあると、なんか周りのやつまでやってきてはやし立てるんだよな~~
なんか中学生みたいでかわいいww

DPP_2413.jpg
白鳥って確か体重10kgくらいあるんだよな~
たまに凍りにはまってるやつもいたり・・・

オオハクチョウ
DPP_2416.jpg
あれ??君はオオハクチョウではないか!はじめまして(^ー^)/
コハクチョウよりも嘴の黄色い部分が大きく、特に下半分が嘴の先のほうに突き出るのが特徴です。コハクチョウと比べてみてください。。

DPP_2417.jpg
オオハクの方が全長で20cmほど長いそう。
右のコハクチョウと比べると確かにでかく見える??

DPP_2415.jpg
よく見ると嘴以外に体型が違ったりもするけど、やっぱり白鳥は白鳥・・・

DPP_2418.jpg
手前の白鳥、嘴の黄色がほとんどない。
いわゆるコハクチョウの一亜種のアメリカコハクチョウか??

DPP_2419.jpg
ちょっと黄色の部分が大きいかな?
たぶんアメリカコハクチョウ(通称アメコ)とコハクチョウのハーフだと思います。

DPP_2420.jpg
アメリカにいるアメコのほとんどは黄色い部分がないか、あってもほんのごくわずかだそうで・・・
もし冬にアメリカに行くことがあったら、絶対に自分の眼で確かめなければww

2月も中旬。もうすぐ以前から計画していた車で片道1200kmに及ぶ遠征が始まる・・・
(まだもうチョイ先ですが)
事故ったりせずちゃんとたどり着けるのか、また携帯や財布をなくしたりしないかとか色々心配はあるけど,
こんなこと出来るのも学生のうちかもしれないので、ちょっと頑張ってみようかと。

せいいち


スポンサーサイト

湖北のコハク その②

琵琶湖のコハクチョウの続きです,

DPP_2350.jpg
オオヒシクイと一緒に。。

DPP_2351.jpg
やっぱり大きなこの鳥の飛び姿はいい

DPP_2352.jpg

DPP_2353.jpg

DPP_2354.jpg
アメリカコハクチョウとコハクチョウのハーフの一家!!
よく見ると幼鳥にも嘴にその特徴が!!
先頭の嘴の黄色が一番小さい個体でも、アメリカ人はハーフとして扱うらしいです。
本当のアメリカコハクチョウの嘴は全部黒いか、ごくわずかに黄色がある程度だとか。


今日近所の温泉につかってきました。
家のお風呂に入るつもりでしたが、それが出来なくて・・・
水道の水が出なくなっちゃって

水道代は払っているので止められたわけではないはず、、
ということは?たぶん最近の寒さで凍結してしまったよう・・・
まだ数日寒いだろうから、水が出るようになるのは来週になってからかも?
しばらく不便な生活が続きそう。誰か僕に水をくださ~~~い

せいいち


安曇野の白鳥飛来地

 どうも!鳥吉のせいいちです。昨日(2010/2/8)安曇野市にある白鳥飛来地へ行ってきました去年は松本に住んでいたので自転車で通ってたんですけど、農学部の学生は2年生から伊那地方で暮らすので、車を持っていない僕は時々しか行けませんここで観察できるメインの野鳥は下の写真のコハクチョウです。白鳥の飛来している時期には給餌が行われています。

DPP_1203.jpg

 他にもカモ類などの水鳥、河畔林や田園地帯を好む野鳥、タカの仲間などたくさんの野鳥を観察できます。この日も60種近く観察できました。その中のいくつかを紹介します。。

 ホシハジロ オス 
 潜って水草や給餌された米などを食べます。キンクロハジロなど潜水ガモと呼ばれる仲間は、陸に上がるのが苦手です。足が後ろのほうについているので立ったときにバランスがとれず、極端に言うとペンギンみたいなのけぞった体勢になってしまいます。
DPP_1202.jpg
 
 マガン 幼鳥
 ここでは珍しい鳥です。成鳥に比べ嘴の付け根の白斑が小さいです。日本海側の大雪の影響のせいか、例年になくマガンが多く飛来しています。この個体は白鳥の家族に居候していました。
DPP_1194.jpg

 スズガモ メス
 海にいるカモのイメージですが、信州にも少数飛来します。。でもなぜかメスと若い個体にしか出会えない
DPP_1207.jpg

 トビ
 安曇野にはたくさんのトビがいます。夕方には白鳥に給餌されるパンの耳を目当てに大きな群れでやってきます。
DPP_1204.jpg

 タゲリ 成鳥オス
 白鳥のいる田んぼの向こうの畦で、1羽だけうろうろえさを探していました。顔が白っぽく冠羽が長めなのでオスの成鳥のようです。
DPP_1205.jpg

 トモエガモ 成鳥オス
 ダム湖の奥に十数羽ほどいますがいつも遠くて・・・でもこのトモエ君だけはその群れとは別に、近くにいてくれました。でもいっつも居眠りでなかなか動いてくれなくて、飛んだのはこの一瞬だけ…
DPP_1232.jpg

 ミサゴ 成鳥
 ときどき魚を捕ってくれますが、このときは前を通り過ぎただけ。
DPP_1210.jpg

 オオタカ 成鳥メス
 ここでよく見る個体で、近くに幼鳥もいたりします。このときはかなり近くを飛んでくれました!近くで猛禽類を見るとあまりのかっこよさにドキドキしちゃいます♪よくカモを追いかけては逃げられていたりして
DPP_1186.jpg

DPP_1187.jpg

 アメリカコハクチョウ
 コハクチョウの亜種で嘴の黄色い部分がほとんどありません。日本は本来の越冬地ではなく迷鳥扱いです。
DPP_1222.jpg

DPP_1226.jpg

DPP_1218.jpg


 コハクチョウは安曇野に千羽以上いますが、アメコは1羽しかいないので探すのに苦労しました夕方暗くなって田んぼから池へ帰って来ました。初めて見る鳥さんです。雌雄は分かりませんがすでにつがいになっているみたいでした。でもお相手は普通のコハクチョウのようで国際結婚をするようです来年ハーフの幼鳥を連れて来たら面白いけど…気が早いかもしれないけどまた来年も来てくれるといいな~

 そのほかマヒワ、ハヤブサ、コチョウゲンボウ、チョウゲンボウ、ベニマシコ、カワアイサ、ミコアイサ、アカゲラなどなどたくさん観察できました。それに久しぶりに会う野鳥仲間ともたくさん話ができ、とても楽しい1日になりました。鳥に興味のある方もそうでない方も十分楽しめるはずなので、機会があればぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?
 こんな感じでブログを作っていきますので、温かく見守って下さいよろしければコメントもお願いします。。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。